医療専門家向け 小児感覚神経芽腫の治療(PDQ®)

ご利用について

医療専門家向けの本PDQがん情報要約では、小児感覚神経芽腫の治療について、包括的な、専門家の査読を経た、そして証拠に基づいた情報を提供する。本要約は、がん患者を治療する臨床家に情報を与え支援するための情報資源として作成されている。これは医療における意思決定のための公式なガイドラインまたは推奨事項を提供しているわけではない。

本要約は編集作業において米国国立がん研究所(NCI)とは独立したPDQ Pediatric Treatment Editorial Boardにより定期的に見直され、随時更新される。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたは米国国立衛生研究所(NIH)の方針声明を示すものではない。

CONTENTS 全て開く全て閉じる

発生率

感覚神経芽腫(嗅神経原発神経芽腫とも呼ばれる)は、原始神経外胚葉性腫瘍とは別の嗅神経上皮に発現する小さな円形細胞腫瘍である。[ 1 ][ 2 ][ 3 ][ 4 ]小児における感覚神経芽腫は非常にまれな悪性疾患であり、15歳未満の小児における発生率は10万人年当たり0.1人と推定される。[ 5 ]

感覚神経芽腫はまれではあるが、小児患者の鼻腔のがんとしては最も多いものであり、Surveillance, Epidemiology, and End Results(SEER)研究の症例の28%を占める。[ 6 ]SEERデータベースの患者511人のシリーズによると、男性がわずかに優勢であり、発症時の平均年齢は53歳で、25歳未満の症例はわずか8%であった。[ 7 ]患者のほとんどが白人であり(81%)、最も一般的な腫瘍部位は鼻腔(72%)および篩骨洞(13%)であった。[ 7 ]感覚神経芽腫の小児患者24人を対象にした多施設レトロスペクティブ・レビューにおいて、発症時年齢中央値は14歳で、患者の75%が女性であった。[ 8 ]

参考文献
  1. Kumar M, Fallon RJ, Hill JS, et al.: Esthesioneuroblastoma in children. J Pediatr Hematol Oncol 24 (6): 482-7, 2002 Aug-Sep.[PUBMED Abstract]
  2. Theilgaard SA, Buchwald C, Ingeholm P, et al.: Esthesioneuroblastoma: a Danish demographic study of 40 patients registered between 1978 and 2000. Acta Otolaryngol 123 (3): 433-9, 2003.[PUBMED Abstract]
  3. Dias FL, Sa GM, Lima RA, et al.: Patterns of failure and outcome in esthesioneuroblastoma. Arch Otolaryngol Head Neck Surg 129 (11): 1186-92, 2003.[PUBMED Abstract]
  4. Nakao K, Watanabe K, Fujishiro Y, et al.: Olfactory neuroblastoma: long-term clinical outcome at a single institute between 1979 and 2003. Acta Otolaryngol Suppl (559): 113-7, 2007.[PUBMED Abstract]
  5. Bisogno G, Soloni P, Conte M, et al.: Esthesioneuroblastoma in pediatric and adolescent age. A report from the TREP project in cooperation with the Italian Neuroblastoma and Soft Tissue Sarcoma Committees. BMC Cancer 12: 117, 2012.[PUBMED Abstract]
  6. Benoit MM, Bhattacharyya N, Faquin W, et al.: Cancer of the nasal cavity in the pediatric population. Pediatrics 121 (1): e141-5, 2008.[PUBMED Abstract]
  7. Soler ZM, Smith TL: Endoscopic versus open craniofacial resection of esthesioneuroblastoma: what is the evidence? Laryngoscope 122 (2): 244-5, 2012.[PUBMED Abstract]
  8. Venkatramani R, Pan H, Furman WL, et al.: Multimodality Treatment of Pediatric Esthesioneuroblastoma. Pediatr Blood Cancer 63 (3): 465-70, 2016.[PUBMED Abstract]
組織学と分子的特徴

感覚神経芽腫は、副鼻腔未分化がん、小細胞がん、黒色腫、横紋筋肉腫など、鼻腔の他の小さな円形細胞腫瘍と組織学的に混同されることがある。感覚神経芽腫は典型的に、ニューロン特異的エノラーゼ、シナプトフィジン、およびクロモグラニンとともにびまん性染色を示し、さまざまなサイトケラチンを発現している。[ 1 ]

嗅神経原発神経芽腫の66サンプルおよび胞巣型横紋筋肉腫や副鼻腔腺がんなど、他のがんの腫瘍サンプルが9つの医療施設から入手され、ゲノムワイドDNAメチル化プロファイリング、コピー数解析、免疫組織化学検査、および次世代パネルシークエンシングで解析された。DNAメチル化データの教師なし階層的クラスタリング解析により、以下の4つの異なるクラスターが同定された:[ 2 ]

この情報を用いて、著者らは、この疾患実体の診断精度を向上させるためにメチル化解析を組み込んだアルゴリズムを開発した。[ 2 ]

参考文献
  1. Su SY, Bell D, Hanna EY: Esthesioneuroblastoma, neuroendocrine carcinoma, and sinonasal undifferentiated carcinoma: differentiation in diagnosis and treatment. Int Arch Otorhinolaryngol 18 (Suppl 2): S149-56, 2014.[PUBMED Abstract]
  2. Capper D, Engel NW, Stichel D, et al.: DNA methylation-based reclassification of olfactory neuroblastoma. Acta Neuropathol : , 2018.[PUBMED Abstract]
臨床像

ほとんどの小児は10代で以下のものを含む症状を呈する:

予後因子

主に成人患者を対象とする複数のケースシリーズのレビューから、以下の点が予後不良と相関する可能性があることが示唆されている:[ 1 ][ 2 ][ 3 ]

参考文献
  1. Dulguerov P, Allal AS, Calcaterra TC: Esthesioneuroblastoma: a meta-analysis and review. Lancet Oncol 2 (11): 683-90, 2001.[PUBMED Abstract]
  2. Patel SG, Singh B, Stambuk HE, et al.: Craniofacial surgery for esthesioneuroblastoma: report of an international collaborative study. J Neurol Surg B Skull Base 73 (3): 208-20, 2012.[PUBMED Abstract]
  3. Herr MW, Sethi RK, Meier JC, et al.: Esthesioneuroblastoma: an update on the massachusetts eye and ear infirmary and massachusetts general hospital experience with craniofacial resection, proton beam radiation, and chemotherapy. J Neurol Surg B Skull Base 75 (1): 58-64, 2014.[PUBMED Abstract]
小児感覚神経芽腫の病期情報

腫瘍の病期分類はKadish分類システムに従って行われる(表1を参照のこと)。Kadish病期に相関して、生存期間は90%(A期)から40%未満(D期)にわたる。患者のほとんどが局所進行期疾患(Kadish分類B期およびC期)で受診し、患者の約3分の1が遠隔部位の腫瘍を有する(Kadish分類D期)。[ 1 ][ 2 ][ 3 ]

最近の報告からは、ポジトロン放射断層撮影-コンピュータ断層撮影(PET-CT)が本疾患の病期分類に役立つ可能性のあることが示唆される。[ 4 ]

表1.Kadish病期分類システム
病期 説明
A期 腫瘍が鼻腔に限局している。
B期 腫瘍が副鼻腔に進展している。
C期 腫瘍が副鼻腔を超えて進展している。
D期 腫瘍の転移が認められる。
参考文献
  1. Bisogno G, Soloni P, Conte M, et al.: Esthesioneuroblastoma in pediatric and adolescent age. A report from the TREP project in cooperation with the Italian Neuroblastoma and Soft Tissue Sarcoma Committees. BMC Cancer 12: 117, 2012.[PUBMED Abstract]
  2. Benoit MM, Bhattacharyya N, Faquin W, et al.: Cancer of the nasal cavity in the pediatric population. Pediatrics 121 (1): e141-5, 2008.[PUBMED Abstract]
  3. Venkatramani R, Pan H, Furman WL, et al.: Multimodality Treatment of Pediatric Esthesioneuroblastoma. Pediatr Blood Cancer 63 (3): 465-70, 2016.[PUBMED Abstract]
  4. Broski SM, Hunt CH, Johnson GB, et al.: The added value of 18F-FDG PET/CT for evaluation of patients with esthesioneuroblastoma. J Nucl Med 53 (8): 1200-6, 2012.[PUBMED Abstract]
小児感覚神経芽腫の治療および転帰

集学的治療法を用いると、生存の可能性が最大限に高められ、70%以上の小児が初回診断後5年以上生存すると期待される。[ 1 ][ 2 ][ 3 ]診断時に21歳未満の患者24人の多施設レビューにより、5年無病生存率および全生存率は73~74%であることが明らかにされた。[ 4 ][証拠レベル:3iiiA]

Kadish病期に応じた治療選択肢には以下のものがある:[ 5 ]

  1. Kadish分類A期:断端陰性となる手術単独。不十分な切除断端、陽性の切除断端、または残存腫瘍のある患者では補助放射線療法が適応となる。
  2. Kadish分類B期:手術およびその後の補助放射線療法。補助化学療法の役割については賛否が分かれている。
  3. Kadish分類C期:化学療法、放射線療法、または同時化学放射線療法による術前アプローチ後の手術。
  4. Kadish分類D期:全身化学療法ならびに局所および転移部位に対する放射線療法。

手術および放射線療法が治療の中心である。[ 6 ]内視鏡下副鼻腔手術などの新たな手技で、開放頭蓋顔面切除術と同等の短期治療成績が得られうる。[ 7 ][ 8 ][証拠レベル:3iiiDii]定位放射線手術や陽子線治療(荷電粒子放射線療法)などの他の手技もまた、この腫瘍の管理に一役担う。[ 3 ][ 9 ]

リンパ節転移は患者の約5%にみられる。ルーチンの頸部郭清術およびリンパ節検索は、臨床的にも放射線学的にも疾患の証拠がない場合は適応とされない。[ 10 ]レビュー文献で頸部リンパ節転移の管理が扱われている。[ 10 ]

報告では、進行期疾患の患者における切除と術前補助または補助化学療法の利用が増加しており、有望な結果が示されている。[ 2 ][ 4 ][ 11 ][ 12 ][ 13 ][ 14 ][証拠レベル:3iii]化学療法レジメンで使用され有効性を示しているものには、イホスファミドを併用するまたは併用しないシスプラチンとエトポシド[ 5 ][ 15 ];ドキソルビシンを併用するまたは併用しないビンクリスチン、アクチノマイシンD、およびシクロホスファミド;イホスファミドおよびエトポシド;シスプラチン + エトポシドまたはドキソルビシン[ 2 ];ビンクリスチン、ドキソルビシン、およびシクロホスファミド[ 16 ];およびイリノテカン + ドセタキセルがある。[ 17 ][証拠レベル:3iiA]

参考文献
  1. Bisogno G, Soloni P, Conte M, et al.: Esthesioneuroblastoma in pediatric and adolescent age. A report from the TREP project in cooperation with the Italian Neuroblastoma and Soft Tissue Sarcoma Committees. BMC Cancer 12: 117, 2012.[PUBMED Abstract]
  2. Eich HT, Müller RP, Micke O, et al.: Esthesioneuroblastoma in childhood and adolescence. Better prognosis with multimodal treatment? Strahlenther Onkol 181 (6): 378-84, 2005.[PUBMED Abstract]
  3. Lucas JT Jr, Ladra MM, MacDonald SM, et al.: Proton therapy for pediatric and adolescent esthesioneuroblastoma. Pediatr Blood Cancer 62 (9): 1523-8, 2015.[PUBMED Abstract]
  4. Venkatramani R, Pan H, Furman WL, et al.: Multimodality Treatment of Pediatric Esthesioneuroblastoma. Pediatr Blood Cancer 63 (3): 465-70, 2016.[PUBMED Abstract]
  5. Kumar R: Esthesioneuroblastoma: Multimodal management and review of literature. World J Clin Cases 3 (9): 774-8, 2015.[PUBMED Abstract]
  6. Ozsahin M, Gruber G, Olszyk O, et al.: Outcome and prognostic factors in olfactory neuroblastoma: a rare cancer network study. Int J Radiat Oncol Biol Phys 78 (4): 992-7, 2010.[PUBMED Abstract]
  7. Soler ZM, Smith TL: Endoscopic versus open craniofacial resection of esthesioneuroblastoma: what is the evidence? Laryngoscope 122 (2): 244-5, 2012.[PUBMED Abstract]
  8. Gallia GL, Reh DD, Lane AP, et al.: Endoscopic resection of esthesioneuroblastoma. J Clin Neurosci 19 (11): 1478-82, 2012.[PUBMED Abstract]
  9. Unger F, Haselsberger K, Walch C, et al.: Combined endoscopic surgery and radiosurgery as treatment modality for olfactory neuroblastoma (esthesioneuroblastoma). Acta Neurochir (Wien) 147 (6): 595-601; discussion 601-2, 2005.[PUBMED Abstract]
  10. Zanation AM, Ferlito A, Rinaldo A, et al.: When, how and why to treat the neck in patients with esthesioneuroblastoma: a review. Eur Arch Otorhinolaryngol 267 (11): 1667-71, 2010.[PUBMED Abstract]
  11. Kumar M, Fallon RJ, Hill JS, et al.: Esthesioneuroblastoma in children. J Pediatr Hematol Oncol 24 (6): 482-7, 2002 Aug-Sep.[PUBMED Abstract]
  12. Loy AH, Reibel JF, Read PW, et al.: Esthesioneuroblastoma: continued follow-up of a single institution's experience. Arch Otolaryngol Head Neck Surg 132 (2): 134-8, 2006.[PUBMED Abstract]
  13. Porter AB, Bernold DM, Giannini C, et al.: Retrospective review of adjuvant chemotherapy for esthesioneuroblastoma. J Neurooncol 90 (2): 201-4, 2008.[PUBMED Abstract]
  14. Benfari G, Fusconi M, Ciofalo A, et al.: Radiotherapy alone for local tumour control in esthesioneuroblastoma. Acta Otorhinolaryngol Ital 28 (6): 292-7, 2008.[PUBMED Abstract]
  15. Kim DW, Jo YH, Kim JH, et al.: Neoadjuvant etoposide, ifosfamide, and cisplatin for the treatment of olfactory neuroblastoma. Cancer 101 (10): 2257-60, 2004.[PUBMED Abstract]
  16. El Kababri M, Habrand JL, Valteau-Couanet D, et al.: Esthesioneuroblastoma in children and adolescent: experience on 11 cases with literature review. J Pediatr Hematol Oncol 36 (2): 91-5, 2014.[PUBMED Abstract]
  17. Kiyota N, Tahara M, Fujii S, et al.: Nonplatinum-based chemotherapy with irinotecan plus docetaxel for advanced or metastatic olfactory neuroblastoma: a retrospective analysis of 12 cases. Cancer 112 (4): 885-91, 2008.[PUBMED Abstract]
小児感覚神経芽腫に対して臨床評価段階にある治療法の選択肢

米国国立がん研究所(NCI)が支援している臨床試験に関する情報は、NCIウェブサイトに掲載されている。他の組織がスポンサーの臨床試験に関する情報については、ClinicalTrials.govウェブサイトを参照のこと。

以下は、現在実施されている全米および/または施設の臨床試験の例である:

小児がん治療に関する特別な考慮事項

小児および青年におけるがんはまれであるが、小児がんの全発生率は1975年以降徐々に増加している。[ 1 ]小児および青年のがん患者については、小児期および青年期に発生するがんの治療経験を有するがん専門家から構成される集学的チームのある医療機関への紹介を検討すべきである。この集学的チームのアプローチとは、至適生存期間および至適QOLを得られるような治療、支持療法、およびリハビリテーションを小児が必ず受けられるようにするため、以下に示す医療専門家などの技術を集結したものである。

(小児および青年のがんの支持療法に関する具体的な情報については、PDQの支持療法および緩和ケアの要約を参照のこと。)

米国小児科学会によって、小児がん施設とそれらが小児がん患者の治療において担う役割に関するガイドラインが概説されている。[ 2 ]このような小児がん施設では、小児および青年に発症するほとんどの種類のがんに関する臨床試験が行われており、大半の患者とその家族に参加する機会が与えられている。小児および青年のがんに関する臨床試験は一般に、現在標準とされている治療法と、それより効果的であると思われる治療法とを比較するようデザインされる。小児がんの治癒を目指した治療法の進歩の大部分は、このような臨床試験によって達成されたものである。現在実施中の臨床試験に関する情報は、NCIウェブサイトから入手することができる。

小児および青年のがん患者の生存において、劇的な改善が達成されている。1975年から2010年の間に、小児がんの死亡率は50%以上低下した。[ 3 ]小児および青年のがん生存者では、治療から数ヵ月または数年経過後もがん療法の副作用が持続または発現することがあるため、綿密なモニタリングが必要である。(小児および青年のがん生存者における晩期合併症(晩期障害)の発生率、種類、およびモニタリングに関する具体的な情報については、小児がん治療の晩期合併症(晩期障害)に関するPDQ要約を参照のこと。)

小児がんはまれな疾患であり、米国において20歳未満で診断される症例は年間約15,000例である。[ 4 ]米国の2002年希少疾患対策法(Rare Diseases Act of 2002)では、希少疾患を罹患者が20万人未満の疾患と定めている。そのため、小児がんはすべて希少疾患とみなされる。

まれな腫瘍の指定は小児および成人のグループ間で統一されていない。 成人のまれながんは、年間発生率が10万人当たり6例未満のがんとして定義され、欧州連合で診断されるすべてのがんの最大24%および米国で診断されるすべてのがんの約20%を占めると推定される。[ 5 ][ 6 ]また、小児のまれな腫瘍の指定は、以下に示すように国際的グループ間で統一されていない:

このようなまれながんは、個々の診断を受ける患者の発生率が低いこと、青年集団にまれながんが多いこと、およびまれながんの青年についての臨床試験が行われていないことから、研究がきわめて困難である。

参考文献
  1. Smith MA, Seibel NL, Altekruse SF, et al.: Outcomes for children and adolescents with cancer: challenges for the twenty-first century. J Clin Oncol 28 (15): 2625-34, 2010.[PUBMED Abstract]
  2. Corrigan JJ, Feig SA; American Academy of Pediatrics: Guidelines for pediatric cancer centers. Pediatrics 113 (6): 1833-5, 2004.[PUBMED Abstract]
  3. Smith MA, Altekruse SF, Adamson PC, et al.: Declining childhood and adolescent cancer mortality. Cancer 120 (16): 2497-506, 2014.[PUBMED Abstract]
  4. Ward E, DeSantis C, Robbins A, et al.: Childhood and adolescent cancer statistics, 2014. CA Cancer J Clin 64 (2): 83-103, 2014 Mar-Apr.[PUBMED Abstract]
  5. Gatta G, Capocaccia R, Botta L, et al.: Burden and centralised treatment in Europe of rare tumours: results of RARECAREnet-a population-based study. Lancet Oncol 18 (8): 1022-1039, 2017.[PUBMED Abstract]
  6. DeSantis CE, Kramer JL, Jemal A: The burden of rare cancers in the United States. CA Cancer J Clin 67 (4): 261-272, 2017.[PUBMED Abstract]
  7. Ferrari A, Bisogno G, De Salvo GL, et al.: The challenge of very rare tumours in childhood: the Italian TREP project. Eur J Cancer 43 (4): 654-9, 2007.[PUBMED Abstract]
  8. Pappo AS, Krailo M, Chen Z, et al.: Infrequent tumor initiative of the Children's Oncology Group: initial lessons learned and their impact on future plans. J Clin Oncol 28 (33): 5011-6, 2010.[PUBMED Abstract]
  9. Howlader N, Noone AM, Krapcho M, et al., eds.: SEER Cancer Statistics Review, 1975-2012. Bethesda, Md: National Cancer Institute, 2015. Also available online. Last accessed June 04, 2019.[PUBMED Abstract]
本要約の変更点(06/05/2019)

PDQがん情報要約は定期的に見直され、新情報が利用可能になり次第更新される。本セクションでは、上記の日付における本要約最新変更点を記述する。

本要約には編集上の変更がなされた。

本要約はPDQ Pediatric Treatment Editorial Boardが作成と内容の更新を行っており、編集に関してはNCIから独立している。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたはNIHの方針声明を示すものではない。PDQ要約の更新におけるPDQ編集委員会の役割および要約の方針に関する詳しい情報については、本PDQ要約についておよびPDQ® - NCI's Comprehensive Cancer Databaseを参照のこと。

本PDQ要約について

本要約の目的

医療専門家向けの本PDQがん情報要約では、小児感覚神経芽腫の治療について、包括的な、専門家の査読を経た、そして証拠に基づいた情報を提供する。本要約は、がん患者を治療する臨床家に情報を与え支援するための情報資源として作成されている。これは医療における意思決定のための公式なガイドラインまたは推奨事項を提供しているわけではない。

査読者および更新情報

本要約は編集作業において米国国立がん研究所(NCI)とは独立したPDQ Pediatric Treatment Editorial Boardにより定期的に見直され、随時更新される。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたは米国国立衛生研究所(NIH)の方針声明を示すものではない。

委員会のメンバーは毎月、最近発表された記事を見直し、記事に対して以下を行うべきか決定する:

要約の変更は、発表された記事の証拠の強さを委員会のメンバーが評価し、記事を本要約にどのように組み入れるべきかを決定するコンセンサス過程を経て行われる。

本要約の内容に関するコメントまたは質問は、NCIウェブサイトのEmail UsからCancer.govまで送信のこと。要約に関する質問またはコメントについて委員会のメンバー個人に連絡することを禁じる。委員会のメンバーは個別の問い合わせには対応しない。

証拠レベル

本要約で引用される文献の中には証拠レベルの指定が記載されているものがある。これらの指定は、特定の介入やアプローチの使用を支持する証拠の強さを読者が査定する際、助けとなるよう意図されている。PDQ Pediatric Treatment Editorial Boardは、証拠レベルの指定を展開する際に公式順位分類を使用している。

本要約の使用許可

PDQは登録商標である。PDQ文書の内容は本文として自由に使用できるが、完全な形で記し定期的に更新しなければ、NCI PDQがん情報要約とすることはできない。しかし、著者は“NCI's PDQ cancer information summary about breast cancer prevention states the risks succinctly: 【本要約からの抜粋を含める】.”のような一文を記述してもよい。

本PDQ要約の好ましい引用は以下の通りである:

PDQ® Pediatric Treatment Editorial Board.PDQ Childhood Esthesioneuroblastoma Treatment.Bethesda, MD: National Cancer Institute.Updated <MM/DD/YYYY>.Available at: https://www.cancer.gov/types/head-and-neck/hp/child/esthesioneuroblastoma-treatment-pdq.Accessed <MM/DD/YYYY>.

本要約内の画像は、PDQ要約内での使用に限って著者、イラストレーター、および/または出版社の許可を得て使用されている。PDQ情報以外での画像の使用許可は、所有者から得る必要があり、米国国立がん研究所(National Cancer Institute)が付与できるものではない。本要約内のイラストの使用に関する情報は、多くの他のがん関連画像とともにVisuals Online(2,000以上の科学画像を収蔵)で入手できる。

免責条項

入手可能な証拠の強さに基づき、治療選択肢は「標準」または「臨床評価段階にある」のいずれかで記載される場合がある。これらの分類は、保険払い戻しの決定基準として使用されるべきものではない。保険の適用範囲に関する詳しい情報については、Cancer.govのManaging Cancer Careページで入手できる。

お問い合わせ

Cancer.govウェブサイトについての問い合わせまたはヘルプの利用に関する詳しい情報は、Contact Us for Helpページに掲載されている。質問はウェブサイトのEmail UsからもCancer.govに送信可能である。