ページの先頭へ

最新の研究成果に基づいて定期的に更新している、
科学的根拠に基づくがん情報の要約です。

がんの疼痛(PDQ®)

  • 原文更新日 : 2016-06-23
    翻訳更新日 : 2017-02-17

PDQ Supportive and Palliative Care Editorial Board

 このPDQがん情報要約では、疼痛の原因と治療に関する最新の情報を記載しています。患者さんとそのご家族および介護者に情報を提供し、支援することを目的としています。医療に関する決定を行うための正式なガイドラインや推奨を示すものではありません。

 PDQがん情報要約は、編集委員会が作成し、最新の情報に基づいて更新しています。編集委員会はがんの治療やがんに関する他の専門知識を有する専門家によって構成されています。要約は定期的に見直され、新しい情報があれば更新されます。各要約の日付("最終更新日")は、直近の更新日を表しています。患者さん向けの本要約に記載された情報は、専門家向けバージョンより抜粋したものです。専門家向けバージョンは、PDQ Supportive and Palliative Care Editorial Boardが定期的に見直しを行い、必要に応じて更新しています。

疼痛

がんの疼痛に関する一般的な情報

がんやがん治療、診断検査は、疼痛(痛み)を引き起こすことがあります。

疼痛は、がん患者さんに最もよくみられる症状のひとつです。疼痛はがんやがん治療によって、あるいはいくつかの要因が組み合わさって起こります。腫瘍手術静脈内化学療法放射線療法標的療法ビスフォスフォネート薬などの支持 療法診断手技は、疼痛(痛み)を引き起こすことがあります。

若年の患者さんは、年長の患者さんよりもがんの痛みと疼痛のフレアが生じやすいようです。進行がんの患者さんは疼痛も強く、また、多くのがん 生存者の方は、がん治療の終了後も継続して痛みを経験します。

疼痛管理によって、生活の質が改善する可能性があります。

疼痛は、ほとんどのがん患者さんにおいてコントロールできます。がんによる疼痛が必ずしも完全になくなるとは限りませんが、大部分の患者さんが抱える疼痛は、いくつかの方法で和らげることが可能です。疼痛管理は、がん治療のどの段階でも、または終了後でも、生活の質を改善することができます。

診断や治療の前後、またはその最中のいずれの時期にも、疼痛管理は可能です。

多くの診断手順や治療手技には痛みが伴います。そのため、処置を開始する前に疼痛管理を始めることが有用です。患者さんを落ち着かせたり、眠らせたりする働きのある薬物を使用することがあります。イメージ法リラクゼーション法なども、治療に伴う疼痛や不安の制御に役立ちます。さらに、処置の間に何が行われるかを事前に把握し、血縁者や友人にそばにいてもらうことで、患者さんの不安感は軽減するでしょう。

各種のがん治療法が特有の疼痛を引き起こすことがあります。

患者さんは、次のように受ける治療によって異なる種類の疼痛を感じることがあります:


がんの疼痛は、治療終了後でも生活の質と活動能力に影響を及ぼすことがあります。

がん治療の終了後にも重度の疼痛または持続する疼痛があると、不安抑うつのリスクが高まります。患者さんは、腫瘍チームによる治療を受ける段階からプライマリーケアに移った後、疼痛のために動作や活動に支障をきたしたり、支援が得られなくなったと感じたりすることがあります。不安や抑うつの感情ががんの疼痛を増幅し、痛みの制御がより難しくなることもあります。

患者さんごとに、がんの疼痛を制御するための個人的な計画が必要です。

診断やがんの病期、疼痛に対する反応、個人的な好き嫌いなどは人それぞれです。そのため、患者さんごとに、がんの疼痛を制御するための個人的な計画が必要です。患者さん、ご家族、担当の医療チームが協力して、疼痛管理に取り組むとよいでしょう。疼痛管理計画の一部として、患者さんを担当する医療提供者が、患者さんとご家族に自宅で疼痛を管理するための指示書を渡すことがあります。疑問を感じたときに、誰に連絡すればよいかを確認しておきましょう。

本要約は、成人のがんの疼痛を管理する方法について書かれたものです。

 | 

がんの疼痛の評価

患者さんと医療チームは協力してがんの疼痛を評価します。

最も重要なのは、疼痛の原因を早期に特定し、迅速に治療を行うことです。医療チームは、次のような機会に頻繁に患者さんの疼痛の程度を測定します:


  • がん治療の開始後。

  • 新たな疼痛が発生したとき。

  • 種類を問わず、疼痛治療を開始した後。

患者さんの状態を把握するために、医療チームは次のような質問で痛みについて尋ねます:


  • いつ痛みが始まりましたか。

  • 痛みはどのくらいの間、続きますか。

  • どこが痛みますか。自分の身体や人体図を用いて、正確な疼痛の部位を患者さんに指し示してもらいます。

  • 痛みの強さはどのくらいですか。

  • 痛みが起こる部位や時間は変化しますか。

  • 痛みが和らぐ、または悪化するきっかけは何ですか。

  • 日中または夜間の特定の時間帯に痛みが悪化することはありますか。

  • 突破痛薬物で痛みを管理しているにもかかわらず急激に生じる強い痛み)はありますか。

  • 睡眠障害、疲労抑うつ不安などの症状はありますか。

  • 痛みのせいで、食事や入浴、移動するなどの日常活動に支障が出ていますか。

医療チームは以下の点についても検討します:


これらの情報は、患者さんの疼痛を和らげる方法を決定するために用いられます。そうした方法には、薬物や他の治療法も含まれます。ときに患者さんは、疼痛管理の専門医緩和ケアの専門家に紹介されることがあります。担当の医療チームは患者さんとともに、治療の有益性があらゆるリスクを上回るかどうかを見極め、どの程度の改善が見込めるか判断します。疼痛管理の開始後は、医師が継続的にその効果を評価し、必要に応じて変更を行います。

患者さんが言葉の問題や認知障害などを抱えている場合には、ご家族や介護者に回答してもらうこともあります。

疼痛管理の計画を立てるために、身体診察や神経学的検査が実施されます。

以下の検査が実施されます:


  • 身体診察と病歴聴取:しこりなどの通常みられない疾患の徴候に注意しながら、総体的に身体を調べる診察法。患者さんの健康習慣、過去の病歴、治療歴なども調べます。

  • 神経学的検査 :脳と脊髄および神経の機能を調べる目的で行われる一連の問診と検査。この検査のチェック項目には、患者さんの精神状態、協調運動、歩行能力、それに筋肉や感覚、反射がどの程度機能しているかなどが含まれます。この検査は神経検査や神経学的診察と呼ばれることもあります。

医療チームは、患者さんの心理的、社会的、霊的な必要性についても評価します。

 | 

薬物によるがんの疼痛管理

医師は、疼痛が軽度、中等度、重度のいずれであるかを考慮して薬物を処方します。

医師は患者さんの疼痛を軽減するための薬物処方します。これらの薬物は、体内での濃度を一定に保つためにスケジュールに従って使用する必要があり、それが疼痛の再発予防につながります。薬物は口から服用したり、点滴または注射などの方法で投与したりします。

定められた投与時刻の合間に発生した疼痛に対し、適宜使用できるように、追加分の用量が処方されることもあります。医師は患者さんの必要に応じて薬物の投与量を調整します。

0~10の尺度で痛みの程度を表し、使用する鎮痛を決定します。この尺度では次のように痛みを表現します:


  • 0は無痛。

  • 1~3は軽度の疼痛。

  • 4~6は中等度の疼痛。

  • 7~10は重度の疼痛。

アセトアミノフェン(薬剤詳細へ)と非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は、軽度の疼痛の軽減に用いられます。

アセトアミノフェンNSAIDは軽度の疼痛の軽減に役立ちます。中等度から重度の疼痛に対し、オピオイド薬と併用される場合もあります。

この種類の鎮痛剤には以下のようなものがあります:


患者さんがアセトアミノフェン(薬剤詳細へ)またはNSAIDを使用している場合は、副作用の有無を入念に観察する必要があり、高齢の患者さんでは特に注意します。詳しい情報については、高齢患者さんのがんの疼痛治療をご覧ください。

オピオイド薬は中等度から重度の疼痛の軽減に使用されます。

オピオイド薬は中等度から重度の疼痛の軽減に非常に効果的です。がんの疼痛を抱える患者さんでは、長期間の使用のために、オピオイド薬で疼痛が軽減されなくなる場合があります。これは耐性と呼ばれる状態です。患者さんの体が以前と同じ用量のオピオイド薬に反応しなくなった場合は、より多くの用量を投与するか、別のオピオイド薬を使用する必要があるかもしれません。特定のオピオイド薬への耐性は、その薬に対する身体依存を意味します。これは嗜癖心理的依存)とは異なる状態です。

1999年以降、米国ではオピオイドの処方箋の数が4倍に増加し、薬物の過量投与による死亡数も4倍に増えています。ほとんどの患者さんはがんの疼痛を管理するために処方されたオピオイド薬を安全に使用していますが、オピオイドに依存してしまう患者さんも少数ながら存在します。担当医は慎重にオピオイドを処方し注意深く監視を続けるので、患者さんは疼痛の治療を安全に受けることができます。

オピオイド薬には、次のようにいくつもの種類があります:


医師は薬物を処方し、疼痛を最も効果的に制御するための用法を指示します。そのうえで、患者さんと介護にあたるご家族が安全に使用、保管、処分する方法を知っておくことも大切です。

がんの疼痛を抱える患者さんのほとんどは、定期的にオピオイド薬の投与を受ける必要があります。

定期的なオピオイド薬の使用は、疼痛を管理し、悪化を防ぐために役立ちます。鎮痛薬の投与間隔は、使用されるオピオイドの種類によって異なります。最小の副作用で疼痛をコントロールできる量が適正なオピオイド薬の投与量です。徐々に用量を調整しながら、鎮痛効果と副作用の間のバランスを上手にとることを目指します。オピオイド薬への耐性が生じた場合は、オピオイド薬の用量を増やしたり、別のオピオイド薬に切り替えたりする必要があります。

オピオイド薬の投与方法はさまざまです。

オピオイド薬は以下の方法で投与されます:


  • 口:患者さんのが正常であれば、通常は薬剤を口から服用します。経口のオピオイド薬は使用しやすく、一般に低コストです。経口オピオイド薬は、舌の下(舌下投与)や頬の内側(口腔投与)に置き、吸収させる場合もあります。

  • 直腸:口からオピオイド薬を服用できない場合は、直腸座薬を入れて投与する方法があります。

  • 皮膚用パッチ:オピオイドのパッチ剤を皮膚に貼ります(経皮投与)。

  • 鼻腔スプレー:オピオイド薬は腔スプレーの剤形で用いる場合もあります。

  • 静脈内(IV)ライン:他の簡単で安価な方法が使用できない場合や有効でない場合、または患者さんが望まない場合にのみ、オピオイド薬を静脈から投与します。患者さんが管理する鎮痛法(PCA)用のポンプは、IVラインを介して疼痛を管理する方法の1つです。PCAポンプを使用すると、患者さんが自分で薬物の量を調節することができます。PCAポンプには細い管がつながっており、コンピュータ制御されたポンプのボタンを押すと、事前に設定された用量でオピオイド薬が投与されます。いったん疼痛の管理を行ってから、患者さんがPCAポンプで使用した用量に基づいて、医師が通常のオピオイドの用量を決定する場合もあります。

  • 皮下注射:皮膚のすぐ下に位置する組織の脂肪層に、オピオイド薬を注入します。

  • 髄腔内注射:髄腔内投与では、脊髄を取り囲む液体内にオピオイド薬を注入します。この方法は、管理が非常に困難な疼痛を抱える患者さんに対して、局所麻酔との併用で施行される場合があります。

よくみられる副作用には、便秘、吐き気、眠気などがあります。

医師はオピオイド治療を始める前に患者さんと副作用について話し合い、その後も患者さんに副作用が生じていないかを監視します。典型的な副作用には、次のものがあります:


眠気と吐き気はオピオイド治療の開始時に非常に多くみられるものの、通常は2~3日以内に改善します。

オピオイド薬には胃腸の筋肉の収縮や動きを低下させる作用があるため、便の硬化を引き起こします。便を柔らかくして便秘を予防するために、大量の水分を摂ることが重要です。閉塞や下痢などの問題がなければ、便秘を予防するための治療計画と、オピオイド薬の使用中に腸の問題を予防する方法についての情報が患者さんに示されます。

他のオピオイド治療の副作用には、以下のものがあります:


副作用がつらい場合や悪化した場合は、担当の医師にご相談ください。担当医はそうした副作用を軽減するために、オピオイド薬の用量を減らしたり、別の種類のオピオイド薬に切り替えたり、投与方法を変更したりします。以下の副作用に関する詳しい情報については、PDQの各要約をご覧ください:


疼痛を治療するために、他の薬物が追加されることがあります。

鎮痛目的で、オピオイド薬と同時に他の薬物が使用されることがあります。これらはオピオイド薬の効果を増大させ、症状を治療し、特定の種類の疼痛を軽減するための薬物です。以下の種類の薬物が用いられます:


これらの薬に対する反応は患者さんごとに大きく異なります。副作用が現れることも多く、その場合は医師に報告するべきです。

ビスフォスフォネート薬(パミドロン酸ゾレドロン酸)は、がんが骨に拡がっている場合に使用されることのある薬物です。これらは静脈内注入で投与し、疼痛を軽減して骨折のリスクを減らすために他の治療と併用します。しかし、ビスフォスフォネート薬は重大な副作用を引き起こすことがあります。筋肉や骨に強い痛みがある場合は、医師に相談してください。ビスフォスフォネート薬療法が中止される場合もあります。

ビスフォスフォネート薬の使用についてはさらに、ビスフォスフォネート関連骨壊死(BON)のリスクとの関連性も示されています。詳しい情報については、PDQ化学療法と頭頸部放射線療法の口腔合併症に関する要約をご覧ください。

骨に転移したがんに用いられる別の薬物療法にデノスマブがあります。この薬物は皮下 注射で投与し、疼痛を予防、軽減する作用があります。骨髄腫を患っている方など、特定の患者さんには用いられません。

 | 

がんの疼痛に対する他の治療法

がんの疼痛はほとんどが薬物治療で制御できますが、患者さんによっては薬物の副作用が多く出すぎる場合や、特定の部位の痛みを別の方法で治療しなければならない場合があります。担当医が疼痛の軽減に最適な方法を決定する際に、患者さんとの会話が参考になることがあります。疼痛の軽減には以下のような治療法があります:

神経ブロック

神経ブロックは、神経の内部または周囲に局所麻酔薬や薬物を注射して、疼痛をブロックする方法です。神経ブロックは、他の方法でコントロールできない疼痛の管理に役立ちます。神経ブロックは、疼痛の発生部位を特定したり、長期間の治療に対する疼痛の反応を予測したりするために行われるほか、特定の処置後に生じる疼痛を予防するためにも用いられます。

神経学的治療

手術を行って、薬を送り込む装置や弱い電流で神経を刺激する装置を移植することがあります。まれに、問題となっている疼痛の伝達経路の一部を構成する神経を手術で破壊する治療が行われることもあります。

脊髄切断術

脊髄切断術は脊髄内の特定の神経を切断して疼痛を軽減する手術手技で、施行されることは多くありません。この手技は痛みとともに温感や冷感もブロックします。この手技は、終末期の患者さんが他の方法では緩和できない重度の疼痛を抱えている場合に選択されることがあります。

緩和ケア

一部の患者さんは緩和ケアサービスの支援を受けます。緩和ケア提供者は支持療法提供者とも呼ばれます。こうした提供者は医師、看護師メンタルヘルスの専門家ソーシャルワーカーチャプレン薬剤師栄養士などから成るチームでケアを行います。緩和ケアには次のような目標があります:


  • 患者さんとご家族の生活の質を向上させる。

  • 疼痛とそれ以外の症状を管理する。

  • 用量オピオイドを必要とする患者さんや、物質乱用 のある患者さん、または感情面の問題や社会的な問題に対処しようとしている患者さんを支援する。

詳しい情報については、PDQ進行がんにおける終末期ケアへの移行計画に関する要約をご覧ください。

放射線療法

放射線療法は、皮膚病変やその他の腫瘍がある患者さん、または骨に転移したがんの患者さんが抱える疼痛の軽減に用いられます。これは症状緩和目的の放射線療法と呼ばれます。放射線は局所療法として、腫瘍や体の広い範囲に直接照射されます。放射線療法は、疼痛を引き起こす腫瘍を縮小させて、薬物や他の治療法の効果を高めます。放射線療法によって、骨痛のある患者さんがあまり痛みを感じず自由に動けるようになる可能性があります。

以下の種類の放射線療法が用いられます:

外照射療法

外照射療法は、機械を用いて身体の外部から高エネルギーのX線や他の種類の放射線をがんに照射します。外照射療法は骨に転移したがんの疼痛を軽減します。放射線療法は単回で照射される場合や、一定期間のうちに数回に分割して照射される場合があります。放射線を単回照射するか分割照射するかの決定は、実施する治療の簡便性と費用によって異なります。

放射性医薬品

放射性医薬品放射性物質を含有する薬物であり、がんなどの疾患の診断や治療に用いられます。放射性医薬品は骨に転移したがんによる疼痛の軽減に用いられることもあります。がんが骨の複数の領域に転移している場合や、外照射療法で治療できないほど多くの領域に拡がっている場合に、放射性医薬品を静脈内に単回注射すると、痛みが和らぐことがあります。

理学療法とリハビリテーション

がんを患い痛みを抱えている患者さんは、体力が失われ、自由に動けなくなり、日常活動に支障をきたす場合があります。理学療法作業療法は、そうした患者さんの助けになります。

理学療法は運動などの理学的方法と薬剤を用いて、疾患や外傷の予防と治療を行います。

脱力、筋消耗、筋肉痛や骨痛の治療に用いられる理学的方法には、次のようなものがあります:


  • 弱った筋肉を強化したり伸ばしたりする運動、硬直した関節を柔らかくする運動、体の協調と平衡感覚を補助する運動、心機能を向上させる運動。

  • 姿勢の変更(自分で動くことができない患者さん向け)。

  • 痛む部位や骨折部位の固定。

患者さんは個々人に合わせた計画を立てるために、理学療法医(理学療法を専門とする医師)に紹介される場合があります。一部の理学療法医は疼痛の治療と管理を行うための訓練も受けています。

補完医療

疼痛を管理するために、標準治療補完代替医療を組み合わせて用いる場合があります。こうした療法は統合医療と呼ばれることもあります。鍼療法支援グループへの参加、催眠などは、疼痛を軽減するために利用されている統合医療です。

鍼療法

鍼療法は、ツボ(経穴)と呼ばれる皮膚上の1ヵ所または数ヵ所に、針、温熱、圧迫などの治療を施す統合医療です。鍼療法はがんに関係した痛みなど、疼痛の制御に使用されることがあります。詳しい情報については、PDQ鍼灸に関する要約をご覧ください。

催眠

催眠は患者さんをリラックスさせるのに有用で、他の思考療法や行動療法と組み合わせて用いられることがあります。催眠による疼痛の軽減は、患者さんが集中してイメージ法を実施できる状態にあり、積極的に催眠に関与しようとする場合に最も有効です。

支援グループ

支援グループは多くの患者さんを支援しています。宗教的な カウンセリングもまた、霊的なケアや社会的支援を提供することによって有用となる場合があります。

詳しい情報については、PDQの統合、代替、補完医療に関する要約をご覧ください。

 | 

高齢患者さんのがんの疼痛治療

がんによる疼痛を抱える高齢患者さんは、特別な必要性を有していることがあります。

いくつかの問題は高齢患者さんに多くみられます。高齢の患者さんの介護者は、以下のような問題に留意すべきです:

低用量

高齢の患者さんが鎮痛を使用する場合は、痛みの閾値や薬に対する反応や作用の個人差に対応できるよう、低用量から開始して徐々に調節するようにしてください。

高齢患者さんの感じている疼痛は、通常よりも簡明な検査法でこまめに調べるべきです。

複数の慢性疾患を抱えていて、疼痛の原因も1つではない

高齢患者さんは、複数の慢性疾患を抱え、様々な病態に対する数種類の薬物を使用していることがあります。これにより、薬物相互作用のリスクが増大することがあります。複数の薬物を一緒に使用することで、体内の作用が変化し、患者さんの慢性疾患に影響を及ぼす可能性もあります。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の副作用

高齢の患者さんでは、NSAID副作用腎臓の障害、記憶障害、便秘、頭痛など)が発生しやすくなっています。

NSAIDと三環系抗うつ薬は、一部の高齢患者さんには投与されません。

オピオイド薬の効果

高齢患者さんはオピオイド薬の作用を受けやすくなっている場合があるので、低用量で使用する必要があります。若年の患者さんに比べると、高齢患者さんでは低用量のオピオイド薬でも長時間、高い鎮痛効果が得られるかもしれません。

高齢の患者さんが急性または慢性の疼痛の治療を受ける場合や、経口や注射などの方法でオピオイドの投与を受ける場合は、オピオイドの用量を低く調整する必要があります。

患者さんが管理する鎮痛

高齢の患者さんでは、薬が体内に長く留まる傾向にあり、しかも副作用が強く生じる可能性も高いため、患者さんが管理する鎮痛は慎重に行わなければなりません。

生活環境の変化

高齢患者さんが居住場所を移る(例えば、病院から自宅または療養施設に移る)と、疼痛管理の必要性も変化します。これらの必要性を確認し、状況に応じて疼痛管理法を調整するようにします。

 | 

本PDQ要約について

PDQについて

PDQ(Physician Data Query:医師データ照会)は、米国国立がん研究所が提供する総括的ながん情報データベースです。PDQデータベースには、がんの予防や発見、遺伝学的情報、治療、支持療法、補完代替医療に関する最新かつ公表済みの情報を要約して収載しています。ほとんどの要約について、2つのバージョンが利用可能です。専門家向けの要約には、詳細な情報が専門用語で記載されています。患者さん向けの要約は、理解しやすい平易な表現を用いて書かれています。いずれの場合も、がんに関する正確かつ最新の情報を提供しています。また、ほとんどの要約はスペイン語版も利用可能です。

PDQはNCIが提供する1つのサービスです。NCIは、米国国立衛生研究所(National Institutes of Health:NIH)の一部であり、NIHは連邦政府における生物医学研究の中心機関です。PDQ要約は独立した医学文献のレビューに基づいて作成されたものであり、NCIまたはNIHの方針声明ではありません。

本要約の目的

このPDQがん情報要約では、疼痛の原因と治療に関する最新の情報を記載しています。患者さんとそのご家族および介護者に情報を提供し、支援することを目的としています。医療に関する決定を行うための正式なガイドラインや推奨を示すものではありません。

査読者および更新情報

PDQがん情報要約は、編集委員会が作成し、最新の情報に基づいて更新しています。編集委員会はがんの治療やがんに関する他の専門知識を有する専門家によって構成されています。要約は定期的に見直され、新しい情報があれば更新されます。各要約の日付("最終更新日")は、直近の更新日を表しています。

患者さん向けの本要約に記載された情報は、専門家向けバージョンより抜粋したものです。専門家向けバージョンは、PDQ Supportive and Palliative Care Editorial Boardが定期的に見直しを行い、必要に応じて更新しています。

臨床試験に関する情報

臨床試験とは、例えば、ある治療法が他の治療法より優れているかどうかなど、科学的疑問への答えを得るために実施される研究のことです。臨床試験は、過去の研究結果やこれまでに実験室で得られた情報に基づき実施されます。各試験では、がんの患者さんを助けるための新しくかつより良い方法を見つけ出すために、具体的な科学的疑問に答えを出していきます。治療臨床試験では、新しい治療法の影響やその効き目に関する情報を収集します。新しい治療法がすでに使用されている治療法よりも優れていることが臨床試験で示された場合、その新しい治療法が「標準」となる可能性があります。患者さんは臨床試験への参加を検討してもよいでしょう。臨床試験の中にはまだ治療を始めていない患者さんのみを対象としているものもあります。

PDQには臨床試験のリストが掲載されており、NCIのウェブサイトから臨床試験を検索することができます。また、PDQには、臨床試験に参加している多数のがん専門医のリストも掲載されています。より詳細な情報については、Cancer Information Service(+1-800-4-CANCER [+1-800-422-6237])にお問い合わせください。

本要約の使用許可について

PDQは登録商標です。PDQ文書の内容は本文として自由に使用することができますが、要約全体を示し、かつ定期的に更新を行わなければ、NCIのPDQがん情報要約としては認められません。しかしながら、“NCI's PDQ cancer information summary about breast cancer prevention states the risks in the following way:【ここに本要約からの抜粋を記載する】.”のような一文を書くことは許可されます。

本PDQ要約を引用する最善の方法は以下の通りです:

PDQ® Supportive and Palliative Care Editorial Board. PDQ Cancer Pain. Bethesda, MD: National Cancer Institute. Updated <MM/DD/YYYY>. Available at: http://www.cancer.gov/about-cancer/treatment/side-effects/pain/pain-pdq. Accessed <MM/DD/YYYY>.[PMID: 26389322]

本要約内の画像は、著者やイラストレーター、出版社より、PDQ要約内での使用に限定して、使用許可を得ています。PDQ要約から、その要約全体を使用せず画像のみを使用したい場合には、画像の所有者から許可を得なければなりません。その許可はNCIより与えることはできません。本要約内の画像の使用に関する情報は、多くの他のがん関連画像とともに、Visuals Onlineで入手可能です。Visuals Onlineには、2,000以上の科学関連の画像が収載されています。

免責事項

PDQ要約の情報は、保険払い戻しに関する決定を行うために使用されるべきではありません。保険の適用範囲についての詳細な情報は、Cancer.govのManaging Cancer Careページで入手可能です。

お問い合わせ

Cancer.govウェブサイトを通じてのお問い合わせやサポートの依頼に関する詳しい情報は、Contact Us for Helpページに掲載しています。ウェブサイトのE-mail Usから、Cancer.govに対して質問を送信することもできます。

 |