ページの先頭へ

最新の研究成果に基づいて定期的に更新している、
科学的根拠に基づくがん情報の要約です。

小児脳幹グリオーマの治療(PDQ®)

  • 原文更新日 : 2016-05-18
    翻訳更新日 : 2016-07-27

PDQ Pediatric Treatment Editorial Board

医療専門家向けの本PDQがん情報要約では、小児脳幹グリオーマの治療について包括的な、専門家の査読を経た、そして証拠に基づいた情報を提供する。本要約は、がん患者を治療する臨床家に情報を与え支援するための情報資源として作成されている。これは医療における意思決定のための公式なガイドラインまたは推奨事項を提供しているわけではない。


本要約は編集作業において米国国立がん研究所(NCI)とは独立したPDQ Pediatric Treatment Editorial Boardにより定期的に見直され、随時更新される。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたは米国国立衛生研究所(NIH)の方針声明を示すものではない。

小児脳幹グリオーマ 小児脳腫瘍

小児脳幹グリオーマに関する一般情報

原発性脳腫瘍は、小児の最も一般的な充実性腫瘍をともに構成する多様な疾病からなる1つのグループである。腫瘍の診断と分類には、免疫組織化学的分析、細胞遺伝学的ならびに分子遺伝学的所見、および細胞分裂能の測定が用いられることが多くなっている。脳腫瘍はその組織像によって分類されるが、腫瘍存在部位およびその拡がりは治療および予後を左右する重要な因子である。

PDQ小児脳腫瘍の治療要約は、主に神経系腫瘍に関する世界保健機構(WHO)の分類に従って構成されている。 [1] [2] 神経系腫瘍の分類の詳しい説明と各種の脳腫瘍に対応する治療要約へのリンクについては、小児脳腫瘍および脊髄腫瘍の治療の概要に関するPDQ要約を参照のこと。

脳幹グリオーマという用語は、中脳、橋、延髄を含めた脳幹に発生する膠細胞起源の腫瘍を表す一般的名称である。以下の2つの組織型が多数を占めている:


  • びまん性内在性橋グリオーマ(DIPG)とも呼ばれ、橋に集中してみられるびまん性(浸潤性)星細胞腫。

  • 脳幹のいずれの部位にも発生する毛様細胞性星細胞腫。

発生率

米国では、毎年約300~400人の小児が脳幹腫瘍と診断される。DIPGは、小児脳幹腫瘍の約75~80%を占める。 [3] ほとんどのDIPG患者は、5~10歳の間に診断される。脳幹における限局性毛様細胞性星細胞腫は発生頻度が低い。 [4]

解剖学

脳内部の解剖図で、松果体、下垂体、視神経、脳室(脳脊髄液を青色で示す)、およびその他の脳の部位を示している。後頭蓋窩はテント下の領域で、皮質と小脳を分けており、基本的に脳幹、小脳、および第4脳室を含む領域を示す。

臨床的特徴

DIPGの患児では、症状の古典的三徴(脳神経障害、錐体路徴候、および運動失調)がしばしば報告される。ただし、これらの所見の1つまたは2つしかみられない小児も多い。橋の腫大による閉塞性水頭症が主症状となることもある。行動の変化および学業不振といった非特異的症状が認められる場合もある。

脳幹における限局性毛様細胞性星細胞腫の症状は、腫瘍の発生部位に応じてさまざまな形で現れる。一般的に認められる症状には以下のものがある: [4]


  • 水頭症を伴う頭蓋内圧亢進。

  • 片側不全麻痺。

  • 片側脳神経障害。

  • 運動失調。

診断

脳幹部の原発腫瘍は、臨床所見および磁気共鳴画像法(MRI)を用いた神経画像検査に基づいて診断されることが最も多い。 [5] DIPGが疑われる場合でも、組織像の確認は一般に必要とされていない。しかしながら、調査研究では組織像の確認が現在実施されており、将来的には、より通常的に推奨される可能性がある。 [6] 生検または切除は、びまん性内在性ではない脳幹部腫瘍に対して、または画像検査の所見では診断が確定できない場合に適応とされる。定位脳針生検という新たなアプローチによって、生検の安全性が高まるであろう。 [7] [8]

神経線維腫症I型(NF1)の患児は、脳幹グリオーマの発症リスクが高い。また、長い症状歴を示す場合、またはスクリーニング検査によって特定される場合がある。

予後および予後因子

DIPG患児の生存期間中央値は1年に満たない。 [9] これに対して、限局性星細胞腫(例、毛様細胞性星細胞腫)の予後は著しく良好で、5年全生存率は90%を超えている。 [4]

予後因子には以下のものがある:


  • 腫瘍の組織型/悪性度:

    脳幹では星細胞腫が多数を占める。WHO分類悪性度1の腫瘍(例、毛様細胞性星細胞腫および神経節膠腫)は予後良好で、中脳の視蓋、限局的には橋内、または頸髄延髄接合部(腫瘍がしばしば外側に増殖する)を含む脳幹のいずれの部位でも発生することがある。これに対して、DIPGはびまん性星細胞腫で、診断時の生検では、低悪性度原線維性星細胞腫(WHO分類悪性度2)から膠芽腫(WHO分類悪性度4)に及ぶ。剖検時の評価では、DIPGは退形成性星細胞腫(WHO分類悪性度3)または膠芽腫(WHO分類悪性度4)である。 [10] [11] [12] [13] 他の脳幹の部位において橋の外側に発生する低悪性度原線維性星細胞腫(WHO分類悪性度2)は、限局性腫瘍の傾向があり、より予後良好である。 [14]

  • 診断時年齢:

    DIPGを診断された3歳未満の小児では予後がより良好な場合があり、異なる生物学的特性を反映している可能性がある。 [15]

  • NF1:

    NF1および脳幹グリオーマの小児は、他の内在性病変の患者より予後が良好な場合がある。 [16] [17]

治療後のフォローアップ

脳幹腫瘍で長期生存が予想される患児に対する標準的なフォローアップには、間欠的な臨床的評価およびMRIによる定期的な画像検査を含める傾向がある。MRIによるフォローアップが必要な期間はさまざまである:主として治療後における画像所見異常残存の有無および最初の腫瘍組織型によって決まる。


参考文献
  1. Louis DN, Ohgaki H, Wiestler OD, et al., eds.: WHO Classification of Tumours of the Central Nervous System. 4th ed. Lyon, France: IARC Press, 2007.[PUBMED Abstract]

  2. Louis DN, Ohgaki H, Wiestler OD, et al.: The 2007 WHO classification of tumours of the central nervous system. Acta Neuropathol 114 (2): 97-109, 2007.[PUBMED Abstract]

  3. Warren KE: Diffuse intrinsic pontine glioma: poised for progress. Front Oncol 2: 205, 2012.[PUBMED Abstract]

  4. Klimo P Jr, Pai Panandiker AS, Thompson CJ, et al.: Management and outcome of focal low-grade brainstem tumors in pediatric patients: the St. Jude experience. J Neurosurg Pediatr 11 (3): 274-81, 2013.[PUBMED Abstract]

  5. Liu AK, Brandon J, Foreman NK, et al.: Conventional MRI at presentation does not predict clinical response to radiation therapy in children with diffuse pontine glioma. Pediatr Radiol 39 (12): 1317-20, 2009.[PUBMED Abstract]

  6. Walker DA, Liu J, Kieran M, et al.: A multi-disciplinary consensus statement concerning surgical approaches to low-grade, high-grade astrocytomas and diffuse intrinsic pontine gliomas in childhood (CPN Paris 2011) using the Delphi method. Neuro Oncol 15 (4): 462-8, 2013.[PUBMED Abstract]

  7. Cage TA, Samagh SP, Mueller S, et al.: Feasibility, safety, and indications for surgical biopsy of intrinsic brainstem tumors in children. Childs Nerv Syst 29 (8): 1313-9, 2013.[PUBMED Abstract]

  8. Grill J, Puget S, Andreiuolo F, et al.: Critical oncogenic mutations in newly diagnosed pediatric diffuse intrinsic pontine glioma. Pediatr Blood Cancer 58 (4): 489-91, 2012.[PUBMED Abstract]

  9. Cohen KJ, Pollack IF, Zhou T, et al.: Temozolomide in the treatment of high-grade gliomas in children: a report from the Children's Oncology Group. Neuro Oncol 13 (3): 317-23, 2011.[PUBMED Abstract]

  10. Ballester LY, Wang Z, Shandilya S, et al.: Morphologic characteristics and immunohistochemical profile of diffuse intrinsic pontine gliomas. Am J Surg Pathol 37 (9): 1357-64, 2013.[PUBMED Abstract]

  11. Wu G, Diaz AK, Paugh BS, et al.: The genomic landscape of diffuse intrinsic pontine glioma and pediatric non-brainstem high-grade glioma. Nat Genet 46 (5): 444-50, 2014.[PUBMED Abstract]

  12. Taylor KR, Mackay A, Truffaux N, et al.: Recurrent activating ACVR1 mutations in diffuse intrinsic pontine glioma. Nat Genet 46 (5): 457-61, 2014.[PUBMED Abstract]

  13. Buczkowicz P, Hoeman C, Rakopoulos P, et al.: Genomic analysis of diffuse intrinsic pontine gliomas identifies three molecular subgroups and recurrent activating ACVR1 mutations. Nat Genet 46 (5): 451-6, 2014.[PUBMED Abstract]

  14. McAbee JH, Modica J, Thompson CJ, et al.: Cervicomedullary tumors in children. J Neurosurg Pediatr 16 (4): 357-66, 2015.[PUBMED Abstract]

  15. Broniscer A, Laningham FH, Sanders RP, et al.: Young age may predict a better outcome for children with diffuse pontine glioma. Cancer 113 (3): 566-72, 2008.[PUBMED Abstract]

  16. Pascual-Castroviejo I, Pascual-Pascual SI, Viaño J, et al.: Posterior fossa tumors in children with neurofibromatosis type 1 (NF1). Childs Nerv Syst 26 (11): 1599-603, 2010.[PUBMED Abstract]

  17. Albers AC, Gutmann DH: Gliomas in patients with neurofibromatosis type 1. Expert Rev Neurother 9 (4): 535-9, 2009.[PUBMED Abstract]

 | 

小児脳幹グリオーマの細胞分類

びまん性内在性橋グリオーマ(DIPG)の細胞遺伝学的特性

DIPGのゲノム的特徴は、他のほとんどの小児高悪性度グリオーマの特徴、および成人高悪性度グリオーマの特徴と異なると考えられる。DIPGでは、多くの染色体およびゲノム異常が報告されており、以下のものがある:


  • ヒストンH3遺伝子:

    DIPG腫瘍の約80%には、ヒストンH3.1(H3F3A)または、H3.3(HIST1H3B)の特定のアミノ酸に突然変異がみられる。 [1] [2] [3] [4] [5] 同様の突然変異が正中線の他部位に発生する小児高悪性度グリオーマでみられるが、皮質に生じる小児の皮質高悪性度グリオーマおよび、成人高悪性度グリオーマではまれである。 [1] [2] [3] [4] [5] [6]

  • アクチビンA受容体、I型(ACVR1)遺伝子:

    約20%のDIPGの症例では、ACVR1遺伝子における活性化突然変異がみられ、ほとんどの場合H3.3変異と同時に発生する。 [2] [3] [4] [5] ACVR1における生殖細胞変異は、常染色体優性症候群である進行性骨化性線維異形成症(FOP)を引き起こすが、FOPにはがんの素因はない。 [7]

  • 受容体チロシンキナーゼ増幅:

    PDGFRA増幅は、約30%の症例にみられ、他のいくつかの受容体チロシンキナーゼ(例えば、METおよびIGF1R)では、増幅が確認される割合が低い。 [3] [4]

  • TP53欠失:

    DIPG腫瘍では、染色体17p上のTP53遺伝子の欠失が一般的にみられる。 [9] 加えて、DIPG腫瘍ではTP53の突然変異がよくみられ、ヒストンH3遺伝子突然変異を有する場合は特によくみられる。 [2] [3] [4] [5] [10] TP53変異を有する症例では、異数体がよく観察される。 [5]

DIPGの遺伝子発現プロファイルは、非脳幹性の小児高悪性度グリオーマと異なっており、この小児グリオーマのサブセットが生物学的に異なっていることをさらに裏付けている。 [9]


参考文献
  1. Wu G, Broniscer A, McEachron TA, et al.: Somatic histone H3 alterations in pediatric diffuse intrinsic pontine gliomas and non-brainstem glioblastomas. Nat Genet 44 (3): 251-3, 2012.[PUBMED Abstract]

  2. Wu G, Diaz AK, Paugh BS, et al.: The genomic landscape of diffuse intrinsic pontine glioma and pediatric non-brainstem high-grade glioma. Nat Genet 46 (5): 444-50, 2014.[PUBMED Abstract]

  3. Fontebasso AM, Papillon-Cavanagh S, Schwartzentruber J, et al.: Recurrent somatic mutations in ACVR1 in pediatric midline high-grade astrocytoma. Nat Genet 46 (5): 462-6, 2014.[PUBMED Abstract]

  4. Taylor KR, Mackay A, Truffaux N, et al.: Recurrent activating ACVR1 mutations in diffuse intrinsic pontine glioma. Nat Genet 46 (5): 457-61, 2014.[PUBMED Abstract]

  5. Buczkowicz P, Hoeman C, Rakopoulos P, et al.: Genomic analysis of diffuse intrinsic pontine gliomas identifies three molecular subgroups and recurrent activating ACVR1 mutations. Nat Genet 46 (5): 451-6, 2014.[PUBMED Abstract]

  6. Schwartzentruber J, Korshunov A, Liu XY, et al.: Driver mutations in histone H3.3 and chromatin remodelling genes in paediatric glioblastoma. Nature 482 (7384): 226-31, 2012.[PUBMED Abstract]

  7. Shore EM, Xu M, Feldman GJ, et al.: A recurrent mutation in the BMP type I receptor ACVR1 causes inherited and sporadic fibrodysplasia ossificans progressiva. Nat Genet 38 (5): 525-7, 2006.[PUBMED Abstract]

  8. Zarghooni M, Bartels U, Lee E, et al.: Whole-genome profiling of pediatric diffuse intrinsic pontine gliomas highlights platelet-derived growth factor receptor alpha and poly (ADP-ribose) polymerase as potential therapeutic targets. J Clin Oncol 28 (8): 1337-44, 2010.[PUBMED Abstract]

  9. Paugh BS, Broniscer A, Qu C, et al.: Genome-wide analyses identify recurrent amplifications of receptor tyrosine kinases and cell-cycle regulatory genes in diffuse intrinsic pontine glioma. J Clin Oncol 29 (30): 3999-4006, 2011.[PUBMED Abstract]

  10. Khuong-Quang DA, Buczkowicz P, Rakopoulos P, et al.: K27M mutation in histone H3.3 defines clinically and biologically distinct subgroups of pediatric diffuse intrinsic pontine gliomas. Acta Neuropathol 124 (3): 439-47, 2012.[PUBMED Abstract]

 | 

小児脳幹グリオーマの病期情報

小児脳幹グリオーマに対して一般的に適用される病期分類システムはない。 [1]

脳幹グリオーマは、以下によって分類される:


  • 腫瘍の部位。

  • X線像。

  • 組織像(得られる場合)。

脳幹グリオーマは、橋、中脳、視蓋、頸髄延髄接合部の後方の髄質をはじめとする脳幹部の多くの領域に発生する。腫瘍は近傍の小脳脚、小脳、頸髄、および/または視床にまで及ぶことがある。小児脳幹グリオーマの大半は、橋に浸潤するびまん性星細胞腫(びまん性内在性橋グリオーマ[DIPG])であり、しばしば近接する脳幹の他の部位への浸潤を伴う。 [2] [3]

通常の悪性脳幹部腫瘍の拡がりは周囲脳への浸潤で、くも膜下腔を介した転移を伴う。こうした播種は、局所再燃前に生じることもあるが、通常は局所病変の再燃と同時か、再燃後に発生する。 [4]


参考文献
  1. Freeman CR, Farmer JP: Pediatric brain stem gliomas: a review. Int J Radiat Oncol Biol Phys 40 (2): 265-71, 1998.[PUBMED Abstract]

  2. Laigle-Donadey F, Doz F, Delattre JY: Brainstem gliomas in children and adults. Curr Opin Oncol 20 (6): 662-7, 2008.[PUBMED Abstract]

  3. Khatua S, Moore KR, Vats TS, et al.: Diffuse intrinsic pontine glioma-current status and future strategies. Childs Nerv Syst 27 (9): 1391-7, 2011.[PUBMED Abstract]

  4. Sethi R, Allen J, Donahue B, et al.: Prospective neuraxis MRI surveillance reveals a high risk of leptomeningeal dissemination in diffuse intrinsic pontine glioma. J Neurooncol 102 (1): 121-7, 2011.[PUBMED Abstract]

 | 

小児脳幹グリオーマに対する治療法選択肢の概要

最も実用的で許容できる従来の治療法をさらに向上させるために、種々の臨床試験が実施され、その結果として、小児がんにおける生存率が幾度も改善されてきた。小児科での臨床試験は、新たな療法と現在標準とされている治療法とを比較するようデザインされる。こうした比較は、二群ランダム化試験か、新たな単一治療法の成績を評価しその結果を従来の治療法で得られた以前の結果と比較することによって行われる。

小児のがんは比較的まれであるため、小児脳腫瘍の患児はすべて臨床試験に組み入れることが検討されるべきである。至適治療法を決定し、これを実施するためには、小児脳腫瘍の治療経験のあるがん専門医からなる集学的チームによる計画が必要である。小児脳腫瘍の放射線療法(三次元原体照射療法を含む)には、きわめて高度な技術が必要とされ、至適結果を確実に得るためにはその領域での経験を積んでいる施設で行う必要がある。

表1.小児脳幹グリオーマに対する標準治療法の選択肢

治療群 標準治療法の選択肢

新規診断小児脳幹グリオーマ:

 
  びまん性内在性橋グリオーマ 放射線療法
  限局性脳幹グリオーマ 外科的切除(化学療法および/または放射線療法を併用または非併用)
経過観察(脳脊髄液路変更術を実施または非実施)
切除不能な腫瘍に対する放射線療法、化学療法、または代替アプローチ

再発/進行性小児脳幹グリオーマ:

 
  びまん性内在性橋グリオーマ 標準治療法は存在しない
  限局性脳幹グリオーマ 再度の外科的切除
放射線療法
化学療法


 | 

新規診断小児脳幹グリオーマの治療

びまん性内在性橋グリオーマ(DIPG)に対する標準治療法の選択肢

新たにDIPGと診断された患児に対しては、多数の臨床試験が利用可能であるが、新規診断DIPG患児の治療では、放射線療法を加えたいずれの治療法も有用性が証明されていない。 [1] [2] [3] [4] [5] [6] ; [7] [8] [証拠レベル:2A]; [9] [証拠レベル:3iiiA]

現在のところ、DIPG患児に対して放射線療法に追加した化学療法戦略では - 術前補助、同時、放射線照射後の化学療法または免疫療法を含めて - 長期生存につながったものはない。 [10] [11] [12] ; [13] [証拠レベル:2A]この中には、自家造血幹細胞救助を伴う高用量の骨髄破壊的化学療法を用いた研究も含まれており、この場合も生存延長効果は認められてない。 [14]

新規診断DIPGに対する標準治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. 放射線療法

放射線療法

DIPGの小児に対する従来の治療法は、腫瘍部位に対する放射線療法である。放射線療法の従来の線量は54~60Gyの範囲で、原発腫瘍部位に対して1日1回分割で局所的に照射する。このような治療法は大半の患者に一過性の利益をもたらすが、90%を超える患者が診断から18ヵ月以内に死亡する。 [15]

放射線療法完了後2~3ヵ月経過して、放射線誘発性の変化が起こることがあり、腫瘍進行と酷似していることがある。追加の治療の効力を検討する場合は、放射線誘発性の変化と腫瘍進行とを区別するため、注意が必要である。 [16]

多分割照射療法、少分割放射線療法、および放射線増感剤の有効性を評価する調査研究では、これらの放射線療法の手技を用いても転帰が改善しないことが明らかになっている。

  1. より高線量の照射を実施するために、多分割照射療法(1日2回)が用いられてきており、計78Gyもの線量を用いる諸研究が完了している。これらの高線量放射線療法をDIPG患者に対して単独で使用しても [1] [17] 、化学療法と併用しても [3] 、生存期間または生存率は改善しないことを示す証拠が得られている。
  2. 少分割放射線療法では、従来の分割放射線療法の手技と生存率は同程度であるが、治療負担が少ない可能性がある。 [18] [証拠レベル:1iiA]; [15] [19] [証拠レベル:2A]
  3. 放射線療法の治療効果を高める手段として、種々の放射線増感剤の有効性を評価する試験が実施されているが、これまでのところ転帰に有意な改善は示されていない。 [1] [3] [4] [5] [20] [21]

化学療法単独(乳児)

他の脳腫瘍の治療と同様に、DIPGの乳児に対しては放射線療法が省略されることが多く、化学療法単独のアプローチが用いられる。しかしながら、このアプローチの有用性を支持する公表データは不足している。

臨床評価段階にある治療法の選択肢

選択された患者では、初期相の臨床試験が利用できる場合がある。これらの試験は、小児腫瘍学グループ(COG)の第I相施設、小児脳腫瘍コンソーシアム(Pediatric Brain Tumor Consortium)、または他の団体を介して利用できる場合がある。

限局性脳幹グリオーマに対する標準治療法の選択肢

新規診断限局性脳幹グリオーマに対する標準治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. 外科的切除(化学療法および/または放射線療法を併用または非併用)
  2. 経過観察(脳脊髄液路変更術を実施または非実施)
  3. 切除不能な腫瘍に対する放射線療法、化学療法、または代替アプローチ

外科的切除(化学療法および/または放射線療法を併用または非併用)

一般に、最大限の外科的切除を試みる。 [22] [23]

腫瘍が残存する患者は、追加治療の対象となりうる。治療法の選択肢には、化学療法および/または放射線療法がある。

経過観察(脳脊髄液路変更術を実施または非実施)

視蓋に小さな病変および水頭症があるが他の神経脱落がない患者は、脳脊髄液路変更術のみによって治療し、進行性の病変である証拠が得られるまでは、神経放射線検査を継続して追跡調査を実施する。 [22]

神経線維腫症1型の患者に対しては、何らかの治療を開始する前に、一定期間の経過観察を指示してもよい。 [24] こうした小児の脳幹グリオーマは無痛性のこともあり、何年間も特別な治療を必要としない場合もある。 [25]

切除不能な腫瘍に対する放射線療法、化学療法、または代替アプローチ

選択された状況では、新規診断限局性脳幹グリオーマの患児に対して、放射線療法または化学療法の形で補助療法を検討してもよい。 [26] [27] [証拠レベル:3iDi]このような治療の必要性に関する決定は、患児の年齢、摘出可能な切除範囲、およびそれに伴う神経学的欠損を基に行う。

選択された症例において有益であることが証明された代替アプローチには以下のものがある:


  • 補助化学療法を併用または非併用の定位ヨウ素I-125密封小線源アプローチ。 [28]

  • BRAF V600E突然変異を有する腫瘍に対するBRAF阻害剤の使用。 [29]

最新の臨床試験

未治療の小児脳幹グリオーマ患者を現在受け入れているNCI支援のがん臨床試験のリストを参照のこと(なお、このサイトは日本語検索に対応していない。日本語でのタイトル検索は、こちらから)。臨床試験のリストは、場所、薬物、介入、他の基準によりさらに絞り込むことができる。

臨床試験に関する一般情報は、NCIウェブサイトからも入手することができる。


参考文献
  1. Mandell LR, Kadota R, Freeman C, et al.: There is no role for hyperfractionated radiotherapy in the management of children with newly diagnosed diffuse intrinsic brainstem tumors: results of a Pediatric Oncology Group phase III trial comparing conventional vs. hyperfractionated radiotherapy. Int J Radiat Oncol Biol Phys 43 (5): 959-64, 1999.[PUBMED Abstract]

  2. Jennings MT, Sposto R, Boyett JM, et al.: Preradiation chemotherapy in primary high-risk brainstem tumors: phase II study CCG-9941 of the Children's Cancer Group. J Clin Oncol 20 (16): 3431-7, 2002.[PUBMED Abstract]

  3. Allen J, Siffert J, Donahue B, et al.: A phase I/II study of carboplatin combined with hyperfractionated radiotherapy for brainstem gliomas. Cancer 86 (6): 1064-9, 1999.[PUBMED Abstract]

  4. Broniscer A, Leite CC, Lanchote VL, et al.: Radiation therapy and high-dose tamoxifen in the treatment of patients with diffuse brainstem gliomas: results of a Brazilian cooperative study. Brainstem Glioma Cooperative Group. J Clin Oncol 18 (6): 1246-53, 2000.[PUBMED Abstract]

  5. Doz F, Neuenschwander S, Bouffet E, et al.: Carboplatin before and during radiation therapy for the treatment of malignant brain stem tumours: a study by the Société Française d'Oncologie Pédiatrique. Eur J Cancer 38 (6): 815-9, 2002.[PUBMED Abstract]

  6. Wolff JE, Westphal S, Mölenkamp G, et al.: Treatment of paediatric pontine glioma with oral trophosphamide and etoposide. Br J Cancer 87 (9): 945-9, 2002.[PUBMED Abstract]

  7. Korones DN, Fisher PG, Kretschmar C, et al.: Treatment of children with diffuse intrinsic brain stem glioma with radiotherapy, vincristine and oral VP-16: a Children's Oncology Group phase II study. Pediatr Blood Cancer 50 (2): 227-30, 2008.[PUBMED Abstract]

  8. Cohen KJ, Heideman RL, Zhou T, et al.: Temozolomide in the treatment of children with newly diagnosed diffuse intrinsic pontine gliomas: a report from the Children's Oncology Group. Neuro Oncol 13 (4): 410-6, 2011.[PUBMED Abstract]

  9. Jalali R, Raut N, Arora B, et al.: Prospective evaluation of radiotherapy with concurrent and adjuvant temozolomide in children with newly diagnosed diffuse intrinsic pontine glioma. Int J Radiat Oncol Biol Phys 77 (1): 113-8, 2010.[PUBMED Abstract]

  10. Frappaz D, Schell M, Thiesse P, et al.: Preradiation chemotherapy may improve survival in pediatric diffuse intrinsic brainstem gliomas: final results of BSG 98 prospective trial. Neuro Oncol 10 (4): 599-607, 2008.[PUBMED Abstract]

  11. Frazier JL, Lee J, Thomale UW, et al.: Treatment of diffuse intrinsic brainstem gliomas: failed approaches and future strategies. J Neurosurg Pediatr 3 (4): 259-69, 2009.[PUBMED Abstract]

  12. Hargrave D, Bartels U, Bouffet E: Diffuse brainstem glioma in children: critical review of clinical trials. Lancet Oncol 7 (3): 241-8, 2006.[PUBMED Abstract]

  13. Warren K, Bent R, Wolters PL, et al.: A phase 2 study of pegylated interferon α-2b (PEG-Intron(®)) in children with diffuse intrinsic pontine glioma. Cancer 118 (14): 3607-13, 2012.[PUBMED Abstract]

  14. Bouffet E, Raquin M, Doz F, et al.: Radiotherapy followed by high dose busulfan and thiotepa: a prospective assessment of high dose chemotherapy in children with diffuse pontine gliomas. Cancer 88 (3): 685-92, 2000.[PUBMED Abstract]

  15. Janssens GO, Jansen MH, Lauwers SJ, et al.: Hypofractionation vs conventional radiation therapy for newly diagnosed diffuse intrinsic pontine glioma: a matched-cohort analysis. Int J Radiat Oncol Biol Phys 85 (2): 315-20, 2013.[PUBMED Abstract]

  16. Liu AK, Macy ME, Foreman NK: Bevacizumab as therapy for radiation necrosis in four children with pontine gliomas. Int J Radiat Oncol Biol Phys 75 (4): 1148-54, 2009.[PUBMED Abstract]

  17. Freeman CR, Krischer JP, Sanford RA, et al.: Final results of a study of escalating doses of hyperfractionated radiotherapy in brain stem tumors in children: a Pediatric Oncology Group study. Int J Radiat Oncol Biol Phys 27 (2): 197-206, 1993.[PUBMED Abstract]

  18. Zaghloul MS, Eldebawy E, Ahmed S, et al.: Hypofractionated conformal radiotherapy for pediatric diffuse intrinsic pontine glioma (DIPG): a randomized controlled trial. Radiother Oncol 111 (1): 35-40, 2014.[PUBMED Abstract]

  19. Negretti L, Bouchireb K, Levy-Piedbois C, et al.: Hypofractionated radiotherapy in the treatment of diffuse intrinsic pontine glioma in children: a single institution's experience. J Neurooncol 104 (3): 773-7, 2011.[PUBMED Abstract]

  20. Freeman CR, Kepner J, Kun LE, et al.: A detrimental effect of a combined chemotherapy-radiotherapy approach in children with diffuse intrinsic brain stem gliomas? Int J Radiat Oncol Biol Phys 47 (3): 561-4, 2000.[PUBMED Abstract]

  21. Bradley KA, Zhou T, McNall-Knapp RY, et al.: Motexafin-gadolinium and involved field radiation therapy for intrinsic pontine glioma of childhood: a children's oncology group phase 2 study. Int J Radiat Oncol Biol Phys 85 (1): e55-60, 2013.[PUBMED Abstract]

  22. Vandertop WP, Hoffman HJ, Drake JM, et al.: Focal midbrain tumors in children. Neurosurgery 31 (2): 186-94, 1992.[PUBMED Abstract]

  23. Kestle J, Townsend JJ, Brockmeyer DL, et al.: Juvenile pilocytic astrocytoma of the brainstem in children. J Neurosurg 101 (1 Suppl): 1-6, 2004.[PUBMED Abstract]

  24. Bilaniuk LT, Molloy PT, Zimmerman RA, et al.: Neurofibromatosis type 1: brain stem tumours. Neuroradiology 39 (9): 642-53, 1997.[PUBMED Abstract]

  25. Molloy PT, Bilaniuk LT, Vaughan SN, et al.: Brainstem tumors in patients with neurofibromatosis type 1: a distinct clinical entity. Neurology 45 (10): 1897-902, 1995.[PUBMED Abstract]

  26. Klimo P Jr, Pai Panandiker AS, Thompson CJ, et al.: Management and outcome of focal low-grade brainstem tumors in pediatric patients: the St. Jude experience. J Neurosurg Pediatr 11 (3): 274-81, 2013.[PUBMED Abstract]

  27. Ronghe M, Hargrave D, Bartels U, et al.: Vincristine and carboplatin chemotherapy for unresectable and/or recurrent low-grade astrocytoma of the brainstem. Pediatr Blood Cancer 55 (3): 471-7, 2010.[PUBMED Abstract]

  28. Ruge MI, Kickingereder P, Simon T, et al.: Stereotactic iodine-125 brachytherapy for treatment of inoperable focal brainstem gliomas of WHO grades I and II: feasibility and long-term outcome. J Neurooncol 109 (2): 273-83, 2012.[PUBMED Abstract]

  29. Rush S, Foreman N, Liu A: Brainstem ganglioglioma successfully treated with vemurafenib. J Clin Oncol 31 (10): e159-60, 2013.[PUBMED Abstract]

 | 

再発/進行性小児脳幹グリオーマの治療

再発性のびまん性内在性橋グリオーマ(DIPG)に対する治療法の選択肢

DIPG患者では予後が芳しくないことを考えると、一般に放射線療法完了から1年以内に橋病変の進行が予測される。ほとんどの症例において、臨床上または放射線学上の進行時の生検は不要であるか、または推奨されない。現在までのところ、生存の延長を示す救助レジメンはない。臨床的に顕著な活性を示す標準的な薬剤がないため、患者には新たな治療アプローチの試験への参加を考慮すべきである。

臨床評価段階にある治療法の選択肢

選択された患者では、初期相の臨床試験が利用できる場合がある。これらの試験は、小児腫瘍学グループ(COG)の第I相施設、小児脳腫瘍コンソーシアム(Pediatric Brain Tumor Consortium)、または他の団体を介して利用できる場合がある。

再発性の限局性脳幹グリオーマに対する治療法の選択肢

再発時には、再燃の範囲を判定するための完全な評価が、選択された限局性病変に適応とされる。さまざまな診断の中に、臨床的に腫瘍再発と鑑別できない可能性のある二次性腫瘍および治療に関連する脳壊死などの他の所見があれば、再燃の確認に生検または外科的切除術を検討すべきである。脳幹グリオーマで壊死と腫瘍再発を区別する際におけるポジトロン放射断層撮影、磁気スペクトロスコピー、単一光子放出型コンピュータ断層撮影(single-photon emission CT)などの他の検査の信頼性は、まだ明らかにされていない。放射線療法完了後2~3ヵ月経過して、放射線誘発性の変化が起こることがあり、腫瘍進行と酷似していることがある。追加の治療の効力を検討する場合は、放射線誘発性の変化と腫瘍進行とを区別するため、注意が必要である。

再発または進行時の治療の考慮事項は、先行治療により異なる。再発性の限局性脳幹グリオーマに対する治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. 再度の外科的手術:

    外科的介入の必要性は、初期の腫瘍タイプ、脳幹内の腫瘍部位、初期治療から腫瘤病変の出現までの期間、およびその臨床像に基づいて個別に決定しなければならない。 [1]
  2. 放射線療法

  3. 化学療法:

    再発性の限局性外方増殖性グリオーマの小児には、カルボプラチンおよびビンクリスチンなどの薬物を用いた化学療法が有効な場合がある。 [2]

最新の臨床試験

再発小児脳幹グリオーマ患者を現在受け入れているNCI支援のがん臨床試験のリストを参照のこと(なお、このサイトは日本語検索に対応していない。日本語でのタイトル検索は、こちらから)。臨床試験のリストは、場所、薬物、介入、他の基準によりさらに絞り込むことができる。

臨床試験に関する一般情報は、NCIウェブサイトからも入手することができる。


参考文献
  1. Bowers DC, Krause TP, Aronson LJ, et al.: Second surgery for recurrent pilocytic astrocytoma in children. Pediatr Neurosurg 34 (5): 229-34, 2001.[PUBMED Abstract]

  2. Ater JL, Zhou T, Holmes E, et al.: Randomized study of two chemotherapy regimens for treatment of low-grade glioma in young children: a report from the Children's Oncology Group. J Clin Oncol 30 (21): 2641-7, 2012.[PUBMED Abstract]

 | 

本要約の変更点(05/18/2016)

PDQがん情報要約は定期的に見直され、新情報が利用可能になり次第更新される。本セクションでは、上記の日付における本要約最新変更点を記述する。

小児脳幹グリオーマに関する一般情報

本文で、予後因子に関する記述が以下のように改訂された;世界保健機構(WHO)分類悪性度1の腫瘍は予後良好である;しかしながら、びまん性内在性橋グリオーマ(DIPG)は低悪性度原線維性星細胞腫(WHO分類悪性度2)から膠芽腫(WHO分類悪性度4)に及ぶ。本文で以下の記述が改訂された;他の脳幹の部位において橋の外側に発生する低悪性度原線維性星細胞腫(WHO分類悪性度2)は、限局性腫瘍の傾向があり、より予後良好である(引用、参考文献14としてMcAbee et al.)。本文で以下の記述が改訂された;DIPGを診断された3歳未満の小児では予後がより良好な場合がある。

小児脳幹グリオーマに対する治療法選択肢の概要

表1.小児脳幹グリオーマに対する標準治療法の選択肢が改訂された。

新規診断小児脳幹グリオーマの治療

本文で、外科的切除(化学療法および/または放射線療法を併用または非併用)に関する記述が以下のように改訂された;治療法の選択肢には、化学療法および/または放射線療法がある。

本文で、切除不能な腫瘍に対する放射線療法、化学療法、または代替アプローチに関する記述が以下のように改訂された;選択された症例において有益であることが証明された代替アプローチには、BRAF V600E突然変異を有する腫瘍に対するBRAF阻害剤の使用がある。

再発/進行性小児脳幹グリオーマの治療

本文で、再発性の限局性脳幹グリオーマに対する治療法の選択肢に関する記述が以下のように改訂された;再発時には、再燃の範囲を判定するための完全な評価が、選択された限局性病変に適応とされる。

本文で以下の記述が改訂された;再発性の限局性外方増殖性グリオーマの小児には、カルボプラチンおよびビンクリスチンなどの薬物を用いた化学療法が有効な場合がある。

本要約はPDQ Pediatric Treatment Editorial Boardが作成と内容の更新を行っており、編集に関してはNCIから独立している。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたはNIHの方針声明を示すものではない。PDQ要約の更新におけるPDQ編集委員会の役割および要約の方針に関する詳しい情報については、本PDQ要約についておよびPDQ® - NCI's Comprehensive Cancer Databaseを参照のこと。

 | 

本PDQ要約について

本要約の目的

医療専門家向けの本PDQがん情報要約では、小児脳幹グリオーマの治療について包括的な、専門家の査読を経た、そして証拠に基づいた情報を提供する。本要約は、がん患者を治療する臨床家に情報を与え支援するための情報資源として作成されている。これは医療における意思決定のための公式なガイドラインまたは推奨事項を提供しているわけではない。

査読者および更新情報

本要約は編集作業において米国国立がん研究所(NCI)とは独立したPDQ Pediatric Treatment Editorial Boardにより定期的に見直され、随時更新される。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたは米国国立衛生研究所(NIH)の方針声明を示すものではない。

委員会のメンバーは毎月、最近発表された記事を見直し、記事に対して以下を行うべきか決定する:


  • 会議での議論、

  • 本文の引用、または

  • 既に引用されている既存の記事との入れ替え、または既存の記事の更新。

要約の変更は、発表された記事の証拠の強さを委員会のメンバーが評価し、記事を本要約にどのように組み入れるべきかを決定するコンセンサス過程を経て行われる。

小児脳幹グリオーマの治療に対する主要な査読者は以下の通りである:


    本要約の内容に関するコメントまたは質問は、NCIウェブサイトのEmail UsからCancer.govまで送信のこと。要約に関する質問またはコメントについて委員会のメンバー個人に連絡することを禁じる。委員会のメンバーは個別の問い合わせには対応しない。

    証拠レベル

    本要約で引用される文献の中には証拠レベルの指定が記載されているものがある。これらの指定は、特定の介入やアプローチの使用を支持する証拠の強さを読者が査定する際、助けとなるよう意図されている。PDQ Pediatric Treatment Editorial Boardは、証拠レベルの指定を展開する際に公式順位分類を使用している。

    本要約の使用許可

    PDQは登録商標である。PDQ文書の内容は本文として自由に使用できるが、完全な形で記し定期的に更新しなければ、NCI PDQがん情報要約とすることはできない。しかし、著者は“NCI's PDQ cancer information summary about breast cancer prevention states the risks succinctly: 【本要約からの抜粋を含める】.”のような一文を記述してもよい。

    本PDQ要約の好ましい引用は以下の通りである:

    PDQ® Pediatric Treatment Editorial Board.PDQ Childhood Brain Stem Glioma Treatment.Bethesda, MD: National Cancer Institute.Updated <MM/DD/YYYY>.Available at: http://www.cancer.gov/types/brain/hp/child-glioma-treatment-pdq.Accessed <MM/DD/YYYY>.[PMID: 26389253]

    本要約内の画像は、PDQ要約内での使用に限って著者、イラストレーター、および/または出版社の許可を得て使用されている。PDQ情報以外での画像の使用許可は、所有者から得る必要があり、米国国立がん研究所(National Cancer Institute)が付与できるものではない。本要約内のイラストの使用に関する情報は、多くの他のがん関連画像とともにVisuals Online(2,000以上の科学画像を収蔵)で入手できる。

    免責条項

    入手可能な証拠の強さに基づき、治療選択肢は「標準」または「臨床評価段階にある」のいずれかで記載される場合がある。これらの分類は、保険払い戻しの決定基準として使用されるべきものではない。保険の適用範囲に関する詳しい情報については、Cancer.govのManaging Cancer Careページで入手できる。

    お問い合わせ

    Cancer.govウェブサイトについての問い合わせまたはヘルプの利用に関する詳しい情報は、Contact Us for Helpページに掲載されている。質問はウェブサイトのEmail UsからもCancer.govに送信可能である。

     |