ページの先頭へ
  • HOME
  • がん情報要約
  • > 子宮内膜がん(子宮体がん)のスクリーニング(PDQ®)


最新の研究成果に基づいて定期的に更新している、
科学的根拠に基づくがん情報の要約です。

子宮内膜がん(子宮体がん)のスクリーニング(PDQ®)

  • 原文更新日 : 2015-07-23
    翻訳更新日 : 2017-02-17

 このPDQがん情報要約では、子宮内膜がんのスクリーニングに関する最新の情報を記載しています。患者さんとそのご家族および介護者に情報を提供し、支援することを目的としています。医療に関する決定を行うための正式なガイドラインや推奨を示すものではありません。

 PDQがん情報要約は、編集委員会が作成し、最新の情報に基づいて更新しています。編集委員会はがんの治療やがんに関する他の専門知識を有する専門家によって構成されています。要約は定期的に見直され、新しい情報があれば更新されます。各要約の日付("最終更新日")は、直近の更新日を表しています。患者さん向けの本要約に記載された情報は、専門家向けバージョンより抜粋したものです。専門家向けバージョンは、PDQ Screening and Prevention Editorial Boardが定期的に見直しを行い、必要に応じて更新しています。

スクリーニングとは

スクリーニングとは、症状が現れてくる前にがんを発見しようとする試みのことです。実際にがんの早発見に役立つ場合もあります。異常 組織やがんも、早期に発見されれば治療が容易になる場合があります。症状が現れる頃には、がんが増殖し拡がり始めていることもあります。

ある種類のがんにかかりやすいのはどのような人々なのか、ということをより深く理解しようと科学者たちは挑み続けています。さらに、がんの原因となりうる生活習慣や環境についても研究が重ねられています。こうして得られた情報は、がんのスクリーニング対象者の条件やスクリーニング検査の種類、それにその検査を受ける頻度について、医師が患者さんに助言をしていく際に役立てられています。

担当の医師からスクリーニング検査を勧められたとしても、必ずしもがんの存在を疑ってそうしているわけではないということを覚えておくことが重要です。スクリーニング検査はがんの症状が現れる前に実施されるものなのです。

スクリーニング検査の結果が異常であれば、がんの存在を確認するために、さらなる検査が必要になる場合もあります。こうした検査は診断検査と呼ばれます。

 | 

子宮内膜がんについての一般的な情報

子宮内膜がんは、子宮内膜組織に悪性(がん)細胞ができる疾患です。

子宮内膜とは子宮の内側を覆っている膜のことです。子宮は、女性の骨盤内に位置する筋肉でできた中空の臓器です。子宮は胎児の成長の場となります。妊娠中でない女性では、大抵の場合子宮の全長は約8cm(約3インチ)です。



女性生殖系の解剖図:図は、子宮、子宮筋層(子宮の外側の筋層)、子宮内膜(子宮内腔を覆う膜)、卵巣、卵管、子宮頸部、膣を示している。



女性生殖系の解剖図。女性生殖系の臓器には、子宮、卵巣、卵管、子宮頸部、膣などが含まれます。子宮には、子宮筋層と呼ばれる筋肉の外層と子宮内膜と呼ばれる内膜があります。



子宮内膜のがんは、子宮肉腫と呼ばれる子宮の筋肉のがんとは別のものです。詳しい情報については、PDQ子宮肉腫の治療に関する要約をご覧ください。

子宮内膜がんに関する詳しい情報については以下のPDQの要約をご覧ください:


米国では、子宮内膜がんは女性生殖系の浸潤がんのなかで最も多くみられるものです。

子宮内膜がんは、閉経後の平均60歳の女性に最も多く診断されます。

1992年以来、子宮内膜がんと診断された白人女性の数はほとんど変化ありませんが、黒人女性の新規症例数はわずかに増加しています。白人女性では、黒人女性よりも子宮内膜がんの発生頻度が高くなっています。しかし、黒人女性が子宮内膜がんと診断された場合は、より進行していて治癒の可能性も低くなっているのが通常です。1998年以降、子宮内膜がんによる死亡者数は、白人女性ではほぼ横ばいですが黒人女性では毎年わずかに増加しています。

病歴と特定の医薬品は子宮内膜がんの発生リスクに影響を及ぼします。

疾患が発生する可能性を増大させるものは全てリスク因子と呼ばれます。リスク因子を持っていれば必ずがんになるというわけではありませんし、リスク因子を持っていなければがんにならないというわけでもありません。リスクが高いと思う人は、そのことについて担当の医師と話し合ってください。子宮内膜がんのリスク因子には以下のものがあります:


 | 

子宮内膜がんのスクリーニング

様々な種類のがんを発見するために複数の検査法が用いられます。

スクリーニング検査のなかには、がんの早期発見に有効で、なおかつそのがんによる死亡の可能性を低減できるということが明らかとなっているために、実施されているものもあります。一方で、一部の人々の間でがんを発見できたことから実施されている検査法もありますが、こうした検査法にがんによる死亡リスクを低下させる効果があるのかどうかについては、臨床試験での証明が得られていません。

最もリスクが少なく最も有益な方法を発見すべく、科学者によりスクリーニング検査の研究が行われています。また、がんスクリーニングの臨床試験を行う目的には、早期発見(症状が現れる前にがんを発見すること)によってがんによる死亡リスクが低減できるかどうかを明らかにすることも含まれています。一部の種類のがんでは、早のうちに発見し治療することで、回復の見込みが高まる場合があります。

子宮内膜がんは早期に発見されるのが通常です。

子宮内膜がんは通常、出血などの症状が現れ早期に発見されるため、回復の可能性が高くなります。

子宮内膜がんのスクリーニング検査には、標準的なものや決まって行われるものはありません。

子宮内膜がんのスクリーニングは現在研究段階にあり、米国各地でスクリーニングの臨床試験が行われています。現在進行中の臨床試験に関する情報は、NCIのウェブサイトから入手することができます。

子宮内膜がんを発見できる可能性のある検査法として、以下のものが現在研究されています:
パパニコロウ試験

パパニコロウ試験とは、子宮頸部の表面から細胞を採取する検査法です。まず脱脂綿、ブラシ、木べらなどで子宮頸部と膣の細胞を優しくこすり取ります。そして採取された細胞を顕微鏡で観察して、異常がないかを調べます。この検査法はパパニコロウ塗抹検査とも呼ばれます。

パパニコロウ試験は現在、子宮内膜がんのスクリーニング検査としては実施されていませんが、パパニコロウ試験の結果から子宮内膜子宮の内側を覆う組織)の異常の徴候が見て取れる場合があるのは事実です。その後の経過観察の検査で子宮内膜がんが発見される場合もあります。

経膣的超音波検査

経膣的超音波検査(TVU)によるスクリーニングで子宮内膜がんで死亡する人の数を減らすことができるかどうかを示した研究はありません。

経膣的超音波検査(TVU)は、膣、子宮、卵管膀胱を調べる検査法です。これは経膣超音波検査(endovaginal ultrasound)とも呼ばれます。まず、超音波振動子(プローブ)を膣内に挿入し、高エネルギーの音波(超音波)を発生させ内部の組織臓器に反射させることにより、エコーを生じさせます。このエコーを基にソノグラムと呼ばれる身体組織の画像が描出されます。医師はこのソノグラムを見ることによって腫瘍を発見することができます。



経膣的超音波検査:図は、経膣的超音波検査中の女性生殖器を側面から見た解剖図を示す。超音波プローブ(体内の組織に音波を反響させる装置)を膣内に挿入している様子が示されている。膀胱、子宮、右卵管、右卵巣も示されている。右上の図は、超音波検査士(超音波検査を実施するための訓練を受けた技師)が台の上で女性に検査を実施し、コンピュータの画面に患者の体内の組織が表示されているところである。



経膣的超音波検査。コンピュータに接続された超音波プローブを膣内に挿入し穏やかに動かすことで、様々な臓器が表示されます。プローブから出た音波は体内の臓器や組織で反射してエコーを生じ、そのエコーからソノグラム(コンピュータ画像)が作成されます。



TVUは、膣の異常出血がみられる女性に対する検査法としてよく用いられます。専門家は、遺伝性非ポリポーシス結腸がんの患者さんやそのリスクのある女性では、早ければ25歳から年1回の経膣的超音波検査によるスクリーニングを開始するよう示唆しています。

乳がんの治療または予防にタモキシフェンを用いると、子宮内膜がんの発生リスクが高くなります。TVUは、タモキシフェンを服用しているものの子宮内膜がんの症状が全くない女性の子宮内膜がんのスクリーニングには有用ではありません。タモキシフェンを服用している女性においては、膣の出血がみられる場合にTVUを用いるべきです。

子宮内膜組織採取

子宮内膜組織採取(生検)によるスクリーニングで子宮内膜がんで死亡する人の数を減らすことができるかどうかは証明されていません。

子宮内膜組織採取とは、ブラシ、キューレット、柔軟性のある細いチューブを子宮頸部から子宮内へと挿入して子宮内膜から組織を採取する手技のことをいいます。器具を用いて子宮内膜から少量の組織を優しくこすり取り、組織のサンプルを採取します。切除された組織は病理医が顕微鏡で観察して、がん細胞の有無を調べます。

子宮内膜組織採取は、膣の異常出血がみられる女性に対する検査法としてよく用いられます。膣の異常出血がみられる場合は、医師の診察を受けてください。

 | 

子宮内膜がんのスクリーニングのリスク

スクリーニング検査にはリスクが伴います。

スクリーニング検査に関する判断は難しくなる場合があります。全てのスクリーニング検査が役に立つわけではなく、ほとんどはリスクを伴います。スクリーニング検査を受けようとする場合は、その前に検査について担当の医師とよく話し合っておくのがよいでしょう。検査に伴うリスクを把握し、さらにがん死亡のリスク低減という効果が実際に証明されているのかを知っておくことが重要です。

子宮内膜がんのスクリーニング検査に伴うリスクとしては以下のものがあります:
子宮内膜がんが発見されても健康状態の改善や余命の延長につながらない場合もあります。

子宮内膜がんが存在していても、すでに進行している場合や他の部位に転移している場合には、スクリーニングを受けたとしても健康状態の改善や余命の延長はあまり望めないでしょう。

がんのなかには、何の症状も引き起こさず命を脅かす心配がないものも存在しますが、スクリーニング検査で見つかれば、そのようながんにも治療が行われることがあります。このようながんに対する治療に無治療の場合よりも余命を長くする効果があるのかどうかは不明ですし、その治療によって逆に重篤な副作用がもたらされる可能性もあります。

偽陰性の検査結果が出る可能性もあります。

実際には子宮内膜がんが存在しているのにもかかわらず、スクリーニング検査の結果が正常と出る場合もあります。偽陰性の検査結果(実際にはがんが存在しているのに存在しないと判定された検査結果)を受けた女性では、たとえ症状が現れていても、医師の診察を受けるのが遅くなる場合があります。

偽陽性の検査結果が出る可能性もあります。

実際にはがんが存在していないにもかかわらず、スクリーニング検査の結果が異常となる場合もあります。偽陽性の検査結果(実際にはがんは存在しないのに存在すると判定された検査結果)は不安の原因となることもあり、さらに、その後も検査(生検など)が引き続き実施されていくのが通常で、そうした検査によるリスクも生じてきます。

検査そのものによる副作用が生じる可能性もあります。

子宮内膜がんのスクリーニング検査によって生じうる副作用には以下のものがあります:


  • 不快感。

  • 出血。

  • 感染症。

  • 子宮穿孔(まれ)。

ご自身に関する子宮内膜がんのリスクやスクリーニング検査の必要性について疑問がある場合は、担当の医師にご相談ください。

 | 

本PDQ要約について

PDQについて

PDQ(Physician Data Query:医師データ照会)は、米国国立がん研究所が提供する総括的ながん情報データベースです。PDQデータベースには、がんの予防や発見、遺伝学的情報、治療、支持療法、補完代替医療に関する最新かつ公表済みの情報を要約して収載しています。ほとんどの要約について、2つのバージョンが利用可能です。専門家向けの要約には、詳細な情報が専門用語で記載されています。患者さん向けの要約は、理解しやすい平易な表現を用いて書かれています。いずれの場合も、がんに関する正確かつ最新の情報を提供しています。また、ほとんどの要約はスペイン語版も利用可能です。

PDQはNCIが提供する1つのサービスです。NCIは、米国国立衛生研究所(National Institutes of Health:NIH)の一部であり、NIHは連邦政府における生物医学研究の中心機関です。PDQ要約は独立した医学文献のレビューに基づいて作成されたものであり、NCIまたはNIHの方針声明ではありません。

本要約の目的

このPDQがん情報要約では、子宮内膜がんのスクリーニングに関する最新の情報を記載しています。患者さんとそのご家族および介護者に情報を提供し、支援することを目的としています。医療に関する決定を行うための正式なガイドラインや推奨を示すものではありません。

査読者および更新情報

PDQがん情報要約は、編集委員会が作成し、最新の情報に基づいて更新しています。編集委員会はがんの治療やがんに関する他の専門知識を有する専門家によって構成されています。要約は定期的に見直され、新しい情報があれば更新されます。各要約の日付("最終更新日")は、直近の更新日を表しています。

患者さん向けの本要約に記載された情報は、専門家向けバージョンより抜粋したものです。専門家向けバージョンは、PDQ Screening and Prevention Editorial Boardが定期的に見直しを行い、必要に応じて更新しています。

臨床試験に関する情報

臨床試験とは、例えば、ある治療法が他の治療法より優れているかどうかなど、科学的疑問への答えを得るために実施される研究のことです。臨床試験は、過去の研究結果やこれまでに実験室で得られた情報に基づき実施されます。各試験では、がんの患者さんを助けるための新しくかつより良い方法を見つけ出すために、具体的な科学的疑問に答えを出していきます。治療臨床試験では、新しい治療法の影響やその効き目に関する情報を収集します。新しい治療法がすでに使用されている治療法よりも優れていることが臨床試験で示された場合、その新しい治療法が「標準」となる可能性があります。患者さんは臨床試験への参加を検討してもよいでしょう。臨床試験の中にはまだ治療を始めていない患者さんのみを対象としているものもあります。

PDQには臨床試験のリストが掲載されており、NCIのウェブサイトから臨床試験を検索することができます。また、PDQには、臨床試験に参加している多数のがん専門医のリストも掲載されています。より詳細な情報については、Cancer Information Service(+1-800-4-CANCER [+1-800-422-6237])にお問い合わせください。

本要約の使用許可について

PDQは登録商標です。PDQ文書の内容は本文として自由に使用することができますが、要約全体を示し、かつ定期的に更新を行わなければ、NCIのPDQがん情報要約としては認められません。しかしながら、“NCI's PDQ cancer information summary about breast cancer prevention states the risks in the following way:【ここに本要約からの抜粋を記載する】.”のような一文を書くことは許可されます。

本PDQ要約を引用する最善の方法は以下の通りです:

PDQ® Screening and Prevention Editorial Board. PDQ Endometrial Cancer Screening. Bethesda, MD: National Cancer Institute. Updated <MM/DD/YYYY>. Available at: http://www.cancer.gov/types/uterine/patient/endometrial-screening-pdq. Accessed <MM/DD/YYYY>.[PMID: 26389486]

本要約内の画像は、著者やイラストレーター、出版社より、PDQ要約内での使用に限定して、使用許可を得ています。PDQ要約から、その要約全体を使用せず画像のみを使用したい場合には、画像の所有者から許可を得なければなりません。その許可はNCIより与えることはできません。本要約内の画像の使用に関する情報は、多くの他のがん関連画像とともに、Visuals Onlineで入手可能です。Visuals Onlineには、2,000以上の科学関連の画像が収載されています。

免責事項

PDQ要約の情報は、保険払い戻しに関する決定を行うために使用されるべきではありません。保険の適用範囲についての詳細な情報は、Cancer.govのManaging Cancer Careページで入手可能です。

お問い合わせ

Cancer.govウェブサイトを通じてのお問い合わせやサポートの依頼に関する詳しい情報は、Contact Us for Helpページに掲載しています。ウェブサイトのE-mail Usから、Cancer.govに対して質問を送信することもできます。

 |