ページの先頭へ

最新の研究成果に基づいて定期的に更新している、
科学的根拠に基づくがん情報の要約です。

ほてりおよび寝汗(PDQ®)

  • 原文更新日 : 2017-09-27
    翻訳更新日 : 2017-11-24


医療専門家向けの本PDQがん情報要約では、ほてりおよび寝汗の病態生理および治療について、包括的な、専門家の査読を経た、そして証拠に基づいた情報を提供する。本要約は、がん患者を治療する臨床家に情報を与え支援するための情報資源として作成されている。これは医療における意思決定のための公式なガイドラインまたは推奨事項を提供しているわけではない。


本要約は編集作業において米国国立がん研究所(NCI)とは独立したPDQ Supportive and Palliative Care Editorial Boardにより定期的に見直され、随時更新される。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたは米国国立衛生研究所(NIH)の方針声明を示すものではない。

概要

ほてりおよび寝汗はがん生存者、特に女性でよくみられるが、男性にも起こりうる。病態生理学的機序は複雑である。治療法の選択肢は広範で、ホルモン剤、非ホルモン剤による薬物療法、さまざまな総合医学療法などを含む。 [1]

ほてりは乳がんの既往歴のある閉経後の女性の約2/3に起こり、44%で寝汗を伴う。 [2] [3] 乳がん患者および前立腺患者のほとんどに中等度~重度のほてりがみられる。発汗は閉経期の血管運動神経不安定を特徴付けるほてり症状の一部と考えられる。生理学的に、発汗は経皮蒸発性熱放散によって深部体温を媒介する。 [4] [5] 睡眠時間中に発生する発汗を伴うほてりはしばしば、寝汗と呼ばれる。 [6] 文献で見られるほてり(hot flashes)の別の同義語は、ほてり(hot flushes)である。

乳がんのない女性の約20%が血管運動神経不安定を含む閉経後の症状に対する医学的処置を求める。 [7] このような集団の大部分では、血管運動神経症状は自然に治まるが、そのうち20%のみが最終月経後4年間は著しいほてりを訴える。 [7] 転移性乳がんがある女性の比較データはない。内科的または外科的精巣摘出を受けた局所進行前立腺がんまたは転移性前立腺がんのある男性の3/4がほてりを経験する。 [8]

特に明記していない場合、本要約には成人に関する証拠と治療について記載している。小児に関する証拠と治療は、成人の場合とかなり異なる可能性がある。小児の治療に関する情報が入手できる場合は、小児に関する情報であることを明記した上でその内容を要約する。


参考文献
  1. Dalal S, Zhukovsky DS: Pathophysiology and management of hot flashes. J Support Oncol 4 (7): 315-20, 325, 2006 Jul-Aug.[PUBMED Abstract]

  2. Couzi RJ, Helzlsouer KJ, Fetting JH: Prevalence of menopausal symptoms among women with a history of breast cancer and attitudes toward estrogen replacement therapy. J Clin Oncol 13 (11): 2737-44, 1995.[PUBMED Abstract]

  3. Carpenter JS, Andrykowski MA, Cordova M, et al.: Hot flashes in postmenopausal women treated for breast carcinoma: prevalence, severity, correlates, management, and relation to quality of life. Cancer 82 (9): 1682-91, 1998.[PUBMED Abstract]

  4. Boulant JA: Thermoregulation. In: Machowiak PA, ed.: Fever: Basic Mechanisms and Management. New York, NY: Raven Press, 1991, pp 1-22.[PUBMED Abstract]

  5. Dinarello CA, Bunn PA Jr: Fever. Semin Oncol 24 (3): 288-98, 1997.[PUBMED Abstract]

  6. 8 Causes of Night Sweats. New York, NY: WebMD, 2014. Available online. Last accessed July 11, 2017.[PUBMED Abstract]

  7. Johnson SR: Menopause and hormone replacement therapy. Med Clin North Am 82 (2): 297-320, 1998.[PUBMED Abstract]

  8. Charig CR, Rundle JS: Flushing. Long-term side effect of orchiectomy in treatment of prostatic carcinoma. Urology 33 (3): 175-8, 1989.[PUBMED Abstract]

 | 

病因

閉経期のほてりの原因には、自然閉経、外科手術による閉経、または化学的閉経が挙げられる;がん患者では細胞毒性のある化学療法、放射線療法、またはアンドロゲン治療によって化学的閉経が引き起こされる場合がある。「男性更年期の原因」には、精巣摘出、性腺刺激ホルモン放出ホルモンの使用、またはエストロゲンの使用がある。男性および女性におけるほてりおよび寝汗の薬物関連性の原因としては、タモキシフェン、アロマターゼ阻害剤、オピオイド、三環系抗うつ薬、およびステロイドが含まれる。CYP2D6によるタモキシフェン代謝能の高い女性では、代謝能の低い女性に比べてほてりの症状が重くなりがちである。 [1]


参考文献
  1. Lynn Henry N, Rae JM, Li L, et al.: Association between CYP2D6 genotype and tamoxifen-induced hot flashes in a prospective cohort. Breast Cancer Res Treat 117 (3): 571-5, 2009.[PUBMED Abstract]

 | 

一次介入

ホルモン補充療法

エストロゲン補充は、女性の生物学的な閉経後状態、または治療に起因する閉経後状態に関連するほてりを効果的にコントロールする。エストロゲン補充療法の提案されている作用機序は、発汗の深部体温閾値を上昇させることでほてりを改善するというものである; [1] [証拠レベル:I];しかしながら、エストロゲン補充が相対的または絶対的禁忌となる女性は多い。医師および乳がん生存者はホルモン補充療法により乳がんの再発またはde novoの乳がんが発生する可能性が増大すると考え、ホルモンによる閉経後症状の管理を先延ばしにすることが多い。そのようなリスクの可能性を示唆する強力な基礎科学的考察が複数存在するが、健康な女性においてホルモン補充療法と関連する乳がんのリスクを評価した方法論的に強力なデータはきわめて少ない。 [2]

2002年5月に、健康な閉経後女性におけるエストロゲン + プロゲスチンのリスクと便益に関するWomen's Health Initiative (WHI)の大規模ランダム化プラセボ対照試験では、ホルモン補充療法を受けた女性で乳がんリスクが1.26倍に増加(95%信頼区間[CI]、1.00-1.59)したことが判明したため、平均追跡期間5.2年(±1.3)の時点で試験は早期に中止された。ホルモン補充療法群の女性にみられた腫瘍は、プラセボ群の女性よりも若干大きく、より進行しており、年1回のスクリーニングの初回実施時にマンモグラム異常がみられる割合に実質的で統計的有意な上昇がみられた;このような上昇は乳がん診断の妨げとなり、診断時に病期がより進行している原因となりうる。 [3] [4] [証拠レベル:I]これらの結果は、併用ホルモン補充療法を受けている女性において、乳がんリスクが1.7倍(95%CI、1.3-2.2)増加することを示唆する1件の集団ベースのケースコントロール研究により支持されている。浸潤性小葉がんのリスクは2.7倍(95%CI、1.7-4.3)、浸潤性乳管がんのリスクは1.5倍(95%CI、1.1-2.0)増加し、エストロゲン受容体陽性/プロゲステロン受容体陽性乳がんのリスクは2.0倍(95%CI、1.5-2.7)増加した。浸潤性小葉がんのリスク増加が最も大きく、より長期間ホルモン補充療法を受けた女性において最も大きかった。拮抗されないエストロゲン療法の場合、リスクは増加しなかった。 [5]

入手可能な非常に限られたデータでは、乳がん歴のある患者におけるエストロゲン単独使用時の乳がん再発のリスク増加は示されていない。 [6] [7] 一連の二重盲検プラセボ対照試験から、低用量の酢酸メゲストロール(すなわち、20mg経口1日2回)と選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)はこのような女性のほてりの管理により有望な薬物であることが示唆される。筋肉内デポ型酢酸メドロキシプロゲステロンの短期サイクルがほてりの管理において役割を果たすことを示唆するデータは限られている。 [8] [証拠レベル:I]プロゲスチンの使用に関連するリスクは不明である。 [2]

他の薬理学的介入

乳がん既往歴を有する女性およびアンドロゲン遮断療法を受けている一部の男性におけるほてりの管理のために、多数の非エストロゲン様の薬理学的治療介入が評価されている。効力が報告された選択肢には、アンドロゲン、プロゲステロン剤、ガバペンチン、SSRI、選択的セロトニンノルエピネフリン阻害薬、αアドレナリン作用薬(例、メチルドパ、クロニジン)、β遮断薬、およびベラリプリド(抗ドパミン作用薬)がある。劣った効力、決定的な大規模研究の不足、および副作用の可能性のためこれらの薬物の多くは使用が制限される。 [9] [10] [11] [証拠レベル:I]

大規模ランダム化プラセボ対象臨床試験において有用であることが明らかにされている薬物には、ベンラファキシンパロキセチンシタロプラムフルオキセチン、ガバペンチン、プレガバリン、およびクロニジンがある。 [9] [10] [11] これらの薬物はほてりの頻度およびスコア(重症度と頻度を合わせた尺度)を40%~60%低下させることを証明している。 [12] ほてりを55%~60%低下させる薬物は徐放性ベンラファキシン、75mgを毎日 [13] ;パロキセチン、12.5mg 放出制御製剤 [14] または10mgを毎日 [15] ;ガバペンチン、300mgを1日3回 [16] [17] [証拠レベル:I] [18] [証拠レベル:II];およびプレガバリン、75mgを1日2回 [19] [証拠レベル:I]である。ほてりを約50%低下させる有効な薬物として他には、臨床試験NCCTG-N05C9で検討された10~20 mg/日のシタロプラム [20] [証拠レベル:I]、および20 mg/日のフルオキセチン [10] がある。クロニジン、0.1mgを経皮投与 [21] または毎日経口投与 [22] [証拠レベル:I]は、ほてりを約40%低下させることができる。

ほてりの軽減を目的としたガバペンチン300mg1日3回に対して、ベンラファキシン75mg1日1回の有効性および患者の好みを比較した研究が1件ある。乳がんの既往がある女性66人をオープンラベル下でランダムに割り付け、ベンラファキシンまたはガバペンチンを4週間投与した;2週間の休薬期間後に、薬を逆にした治療をさらに4週間実施した。両治療により、ほてりスコア(重症度に頻度を乗じた値)が約66%減少した。しかしながら、ベンラファキシンを好んだ女性がガバペンチンより有意に多かった(それぞれ68% vs 32%)。 [23]

ほてりの評価にシタロプラムを使用した1件の研究で、日常生活活動および一般的な健康に関連したQOLに対してプラスの影響を及ぼすためには、ほてりをどの程度低下させる必要があるのかが調査された。 [24] 著者らは、女性が日々の活動において経験している悩みの程度の有意な改善を報告するためには、ほてりを少なくとも46%低下させる必要があると報告した。

第II相試験で評価されているが、効力は示されていない薬物としては、ブプロピオン [25] 、アプレピタント [26] 、およびデシプラミン [27] [証拠レベル:II]がある。興味深いことに、これらの薬物は一次的にセロトニンを調節していない。また、セルトラリンについてのランダム化臨床試験では、ほてりの管理における効力の説得力のある証拠は提供されていない。 [28] [29] [30] [証拠レベル:I]

夜間のほてりまたは寝汗が特に問題となっているが日中はあまり悩みの原因となっていない場合は、睡眠とほてりを同時に改善する戦略が適切である。両方の症状を標的にできる効果的な治療に関するデータは限られている。1件のパイロット試験では、ほてりに対してミルタザピン(主にセロトニンに影響する四環系抗うつ薬)が評価されたが、それはミルタザピンがしばしば睡眠障害に対して処方されるためである。22人の女性がミルタザピンを就寝時に1日30mg、3週間まで漸増された;続いて、4週目は毎日就寝時に15mgまたは30mgを選択できた。この非ランダム化試験においてほてりは約53%低下し、女性はほてりの制御に統計的に有意に満足した。 [31] しかしながら、研究の全期間にわたってこの薬物を継続できた女性は、過剰なふらつきのために22人中わずか16人であった。そのため、この薬物はより大規模なランダム化試験でさらに研究できるが、リスク/便益比を評価することが特に重要であろう。

トラゾドンは、臨床経験に基づき夜間のほてりに使用できる別の薬物である。睡眠補助薬としてしばしば使用される非定型抗うつ薬のトラゾドンは、夜間のほてりを有する患者において特に有用であることが逸話的に示されている。用量は50mg~300mgである。臨床経験からトラゾドンは患者が眠りにつくのを助け、夜間のほてりを制御し、眠りの持続を補助することが示唆されている。トラゾドンは三環系抗うつ薬であり、それ自体はほてりに対して大きな影響を及ぼすとは期待されていない:原理証明試験として三環系抗うつ薬、デシプラミンを用いて実施された1件のオープンラベル・パイロット試験は有益性を示さなかった。 [27] しかしながら、この研究は再現されていない。トラゾドンの睡眠に対する影響は非常に奥深いため、ほてりは厄介ではない;この仮説はさらなる研究を要する。

ほてりの治療に用いられる用量での抗うつ薬の副作用は短期ではごくわずかであり、主に吐き気、鎮静、口渇、および食欲抑制または刺激が認められる。長期では、ほてりの治療に用いられる用量でSSRIを使用した場合の性機能低下の有病率は不明である。抗痙攣薬のガバペンチンおよびプレガバリンが鎮静、めまい、および集中困難の原因となる一方で、クロニジンは口渇、鎮静、便秘、および不眠の原因となりうる。 [16] [17] [19] [証拠レベル:I]患者はさまざまな薬の効果と毒性に対して個々に反応する。したがって、慎重な臨床評価とともに、医療の提供者と利用者が共同で選択したオーダーメイドの治療が必要である。

ある人に対して1つの薬物療法が有用でない場合には、別の薬物療法への切り替え-別の抗うつ薬またはガバペンチン-は価値があることをデータが示している。ランダム化第III相試験(NCCTG-N03C5)では、抗うつ薬単独ではほてりのコントロールが不十分であった女性を対象に、ガバペンチン単独に対して、ガバペンチンと抗うつ薬の併用を比較し [32] [証拠レベル:I]、抗うつ薬を継続したかどうかにかかわらず、ガバペンチン使用により、ほてりの頻度およびスコアに中央値で約50%の減少が認められた。換言すれば、抗うつ薬のみの使用ではほてりのコントロールが不十分な女性に対し、抗うつ薬を中止しガバペンチンの投与を開始すると、併用療法で得られる結果と同様の結果がもたらされ、より少ない種類の薬物療法で済む。同様に、ほてりの低下のためにベンラファキシンでは有益性があまり得られない女性を対象にしたパイロット研究において、オープンラベルのシタロプラム、20mg/日への切り替えにより、ほてりの頻度およびスコアは50%低下した。 [33]

薬物相互作用

SSRIの多くは、乳がんの治療によく用いられるタモキシフェンの代謝に関係するチトクロムP450酵素群を阻害する。SSRIが使用されている場合には、薬物-薬物相互作用に注目される。タモキシフェンは、乳がんの管理において用いられるが、チトクロムP450酵素系、具体的にはCYP2D6により代謝される。野生型のCYP2D6は、タモキシフェンをエンドキシフェンとしても知られている活性代謝物、4-ヒドロキシ-N-デスメチル-タモキシフェンに代謝する。タモキシフェンとCYP2D6阻害薬であるパロキセチンの同時投与において、タモキシフェンの代謝に与えるパロキセチンの影響を評価した1件のプロスペクティブ試験では、パロキセチン同時投与によって、エンドキシフェンの濃度が低下することが判明した。野生型のCYP2D6遺伝子型をもつ女性の方が、変異型の遺伝子型をもつ女性よりも低下の度合いが大きかった(P = 0.03)。 [34] [証拠レベル:II]

また、新たに診断された乳がんに対しタモキシフェンによる補助療法を開始した女性80人を対象とした1件のプロスペクティブ観察研究において、CYP2D6変異型では、SSRIのCYP2D6阻害薬を同時使用することにより、エンドキシフェンのレベルが低下した。CYP2D6変異型は、機能的なCYP2D6酵素を産生しない。 [35] [証拠レベル:II]この研究が発表されて以来、何人かの研究者がこの知見の臨床的意義の評価を行ってきた。 [36] ; [37] [38] [39] [証拠レベル:II]1件の研究では、1,300人以上の女性を中央値で6.3年間追跡調査した結果、代謝能の低い女性または代謝能は中等度以上であってもヘテロ接合体の(したがってCYP2D6活性が低い)女性は、代謝能の高い女性に比べて再発率が高く、イベントフリー生存率および無病生存率が低いと結論付けられた。 [38] 同様に、タモキシフェンとSSRIの併用投与を受けているオンタリオ州の女性2,400人以上を対象とするレトロスペクティブ・コホート研究も終了している。著者らは、パロキセチンとタモキシフェンを併用している女性ではその併用期間に比例して死亡リスクが高いと結論付けた。 [39] [証拠レベル:II]

これらの変化および他のCYP2D6遺伝子型の臨床的意味 [40] は未だ解明されていないが、ほてりの治療に用いられる比較的新しい抗うつ薬とタモキシフェンの薬物動態的相互作用はさらなる研究に値する。 [41] 同様に、乳がんの再発および/または進行に対する大豆植物エストロゲンのリスクは未だ明らかにされていない。大豆植物エストロゲンは植物性食品にみられる弱いエストロゲンである。複数のin vitroモデルは、植物エストロゲンおよびエストラジオールの細胞内濃度に依存する乳房の細胞増殖に対し、これらの化合物が二相効果を有することを示唆している。 [42]

男性に特異的な情報

前立腺がん男性におけるほてりの病態生理学および管理に関するデータは少ない。既存の限られたデータは、男性におけるほてりは視床下部の体温調節中枢の不安定を引き起こす性ホルモンレベルの変化と関連しており、女性に生じるほてりについて提案されている機序と似ていることを示唆している。乳がんの女性と同様に、ほてりはアンドロゲン除去療法を受けている前立腺がん男性の生活の質を損なう。血管拡張性神経ペプチドのカルシトニン遺伝子関連ペプチドは、ほてりが発生する助けとなっている可能性がある。クロニジンを除いて、ほてりに有効であることが明らかにされている上述の薬物(本要約の他の薬理学的介入のセクションを参照のこと)は、男性において研究した場合に同様の効力の割合を示している。治療法には、エストロゲン、プロゲステロン、SSRI、男性の選択肢として1日当たり、300mgを3回の用量のガバペンチン、 [43] および抗アンドロゲンの酢酸シプロテロンがある。酢酸シプロテロンは米国では利用できない。

フランスの大規模な多施設研究が1件あり [44] 、前立腺がんに対してリュープロレリンを投与していた男性を対象に、ほてりを1週間当たり14回以上の報告した場合に、ベンラファキシン75 mg;酢酸シプロテロン(抗アンドロゲン)100 mg;または酢酸メドロキシプロゲステロン20 mgを投与する群にランダムに割り付けた。3種類の治療では、いずれもほてりが有意に減少し、シプロテロンでは100%減少、メドロキシプロゲステロンでは97%減少、ベンラファキシンでは57%減少という結果が8週目の中央値で得られた。酢酸シプロテロンでは、投薬に起因した1件の重篤な有害事象(呼吸困難)を含め、他より多くの有害事象が報告された。ベンラファキシンに関しては、重篤な有害事象は全く認められず、投薬に起因した有害事象の発生率は全体で20%であった。メドロキシプロゲステロンは最も忍容性が良好な薬物で、有害事象の発生率は12%であったが、重篤な有害事象として蕁麻疹が1件認められた。すべての薬剤で最も高頻度にみられた副作用は消化管障害に関連したもので、吐き気、便秘、下痢、および腹痛であった。 [44]

SSRIのパロキセチンおよびフルボキサミンの効力に関するパイロット研究により、これらの薬物は前立腺がん男性におけるほてりの頻度および重症度を低下させることが示唆されている。 [45] [46] ホルモン感受性腫瘍の女性と同様に、前立腺がんの転帰に対するホルモン使用の影響のほか、よく記述される副作用に関する懸念がある。 [47]

認知行動療法

包括的な非薬理学的介入が開発され、ほてりおよび寝汗を軽減する能力のほか、ほてりおよび寝汗に関係した負担や問題の認識について評価されている。これらの介入には典型的に以下のものがある: [48] [49] [50] [51]


  • ストレス、不安、性的および他の閉経期の懸念をはじめとする一般的症状の管理に関する心理教育。

  • ゆっくりとした深呼吸(ペース呼吸と呼ばれる)などのリラクゼーション訓練。

  • 些細なことでの大騒ぎ、否定的な考え、および回避行動に対処する認知的再体制化。

このほか、一次的治療法または補助的治療法としての行動介入は、ほてりの管理に一定の役割を果たしている。深部体温はほてりの前に上昇することが示されている [52] ;そのため、体温を抑える介入により、ほてりの管理が改善される。体温を抑えるための方法としては、ゆったりした木綿の衣服を着るほか、扇風機の使用、室内を換気するために窓を開けるなどがある。セロトニンはほてりの中心的な誘因として関与している可能性があるという理論に基づくと、ストレス管理といった行動介入によりセロトニンが調節されて、ほてりの低下がもたらされる可能性がある。

リラクゼーション訓練およびゆっくりとした深呼吸(ペース呼吸)は、初期には対照を設けたパイロット試験においてほてりの強度を40%~50%も低下させることが明らかにされている [53] [54] ;しかしながら、さまざまなペースの呼吸を用いた対照群を設けた複数のランダム化試験でペース呼吸介入の有意な有益性は実証されていない。 [55] [56]

治療なし、通常のケア、待機リスト対照比較群を用いた同様の介入に関する3件の大規模研究 [49] [50] [51] が完了している。いずれの研究でも、ほてりおよび寝汗に関する問題の評点または悩みの評点が有意に低下したことが実証された一方で、ほてりの頻度が実際に低下したことを示した研究はなかった。3件の研究のうち、いくつかのデータポイントで寝汗が有意に改善したことを実証した研究は1件のみであった。 [50] 認知行動介入は、ほてりに関係する症状を有する患者の全般的な経験を改善するために薬理学的治療の重要な付加物になると考えられる。しかしながら、ほてりを軽減するために認知行動療法の単独使用を支持するデータは存在しない。

医学的催眠は、ほてりに対して有用であることが示されている比較的新しい介入である。医学的催眠では、医療提供者が患者を深いリラクゼーションとトランス状態に導き、患者をその状態にしたまま、潜在意識に対処すべき症状または問題を和らげるような暗示をかける。ほてりに対する医学的催眠では、体を冷やす暗示と深部体温の上昇を防ぎ、交感神経の活性を抑えるためのストレス低下が用いられる。パイロット研究の強力なデータに基づいて、閉経後女性187人を対象にしたランダム化比較試験では注意制御比較が用いられ、対照群よりも催眠群でほてりの有意な軽減が実証された。催眠介入の期間は5週間であった。6週目のほてりの頻度は、催眠群で64%減少したのに対し、対照群では9%の減少しか認められなかった。12週目の催眠群の減少が75%であったのに対し、対照群の減少は17%であった。 [57] この研究にはがん生存者は含められなかったが、以前の研究では、乳がんの既往に基づくほてりに対する介入の鑑別的効果は実証されていない。

ほてりの管理に対する今後の研究では、さまざまな日常活動に対するほてりの影響を評価するHot Flash Related Daily Interference Scaleといった、精神測定的に音声を評価する方法の開発によって補助されるであろう。 [58]

統合的アプローチ

漢方薬/栄養補助食品

ほてりを低下させるため、多くの漢方薬および栄養補助食品が一般に使用されている。これらの物質のいくつかは、厳格な臨床試験において十分に研究されていない。さらに、市販のさまざまなサプリメントの生物活性は未だ明らかにされておらず、標準化からは程遠い。比較的よく研究された物質としては、大豆植物エストロゲン、ブラック・コホッシュ、およびビタミンEがある。

ビタミンE、400 IUの1日2回投与は、プラセボで得られるよりもほんのわずかに良好なほてりの控えめな低下が得られるようである。ほてりの低下はおおよそ35%~40%である。 [59] [60] [証拠レベル:I]

大豆はここしばらくの間、更年期症状および乳がんを低下させるための興味深い栄養補助食品となっている。こうした関心は、主にアジアにおける大豆を多く含む食事と乳がん/更年期症状の低さの関連研究から生じている。大豆はイソフラボンであるが、これはフラボノイドと呼ばれるはるかに大きな分類の植物化合物の一部である。大豆製品には次の3種類のイソフラボンが発見されている:


  • ゲニステイン(genistein)

  • ダイゼイン(daidzein)

  • グリシタイン(glycitein)

イソフラボンはしばしば植物エストロゲンまたは植物性エストロゲンと呼ばれるが、それは細胞系および動物実験においてエストロゲン受容体との結合能を有することが示されているためである。 [61]

これら植物性エストロゲンの安全性については混乱があるが、それはこれらの物質が、一部の細胞においてはエストロゲン様に作用し、細胞増殖(分裂および成長)を引き起こす一方で、他の細胞ではイソフラボンはエストロゲン作用を停止または遮断させて好ましくない細胞が成長しないように、または細胞死さえ起こすようにする特性を有するためである。以下の問題についての議論が引き続きなされている: [62]


  • 大豆のどのような用量およびどの種類の大豆が、増殖因子としてのエストロゲンを阻害するか。

  • どのような状況で大豆は増殖因子としてのエストロゲンを阻害するか。

  • どのような用量または状況で大豆はエストロゲン関連増殖を促進するか。

これらの疑問に対する最終的な答えは不明であるが、植物エストロゲンは化学予防特性について引き続き研究されている。その一方で、大豆はほてりを低下させる効果について多くのランダム化プラセボ対照試験で十分に研究されている。 [63] [64] [65] [66] [67] [証拠レベル:I]それらの試験の大部分は、大豆がほてりの低下に関してプラセボと変わらないことを示している。 [68] [証拠レベル:I]; [69] 現在、ほてりの管理に大豆の使用を促す説得力のあるデータは存在しない。

同様に、ランダム化プラセボ対照群を設けたデザインの優れたブラック・コホッシュの試験でも、ブラック・コホッシュはほてりの低下に関して、プラセボと変わらないことが示されている。 [67] [70] [71] [証拠レベル:I]ブラック・コホッシュは以前はエストロゲン特性を有すると考えられていたが、Workshop on the Safety of Black Cohosh in Clinical Studiesで考察されているように、現在ではセロトニン受容体に作用することが明らかにされている。1件の研究では、ランダム化二重盲検試験によりブラック・コホッシュ、ムラサキツメクサ、エストロゲンおよびプロゲステロン、およびプラセボを評価した。 [72] [証拠レベル:I]各投与群の規模は小さかった(n = 22)が、12ヵ月間でほてりはブラック・コホッシュによって34%、ムラサキツメクサで57%、プラセボで63%、ホルモン療法で94%減少した。注目すべきことに、この長期研究でも遵守率は4群で約89%と報告されている。12ヵ月で、子宮内膜厚、エストラジオール、エストロン、卵胞刺激ホルモン、性ホルモン結合グロブリン、肝機能値などの生理学的指標については、ムラサキツメクサまたはブラック・コホッシュの投与群とプラセボ投与群の間に統計的有意差が認められなかった。ただし、これら各群は規模が小さいため、この二次分析の検出力は報告されておらず、重要な群間差の検出力は低いと考えられた。

フラキシードは地中海東部およびインド周辺地域原産の亜麻(Linum)属の植物である。フラキシードはリグナンおよびオメガ3脂肪酸の豊富な供給源である。フラキシードにみられるリグナンはセコイソラリシレシノールジグルコシド(SDG)およびαリノレン酸(ALA)と呼ばれる。フラキシードはまた繊維の供給源でもある。リグナンは植物エストロゲンの一種であり、大豆と同様にエストロゲンアゴニスト-アンタゴニスト作用のほか、抗酸化作用を有すると考えられている。リグナンは結腸の細菌によってエンテロジオールおよびエンテロラクトンに転換されるが、これらは細胞増殖の低下とアロマターゼ、5αリダクターゼ、および17βヒドロキシステロイド活性の阻害といった重要な生理学的特性を有すると考えられる代謝物である。細胞系の研究から、エンテロラクトンのアロマターゼ阻害特性は示されているが、エンテロジオールについてはそれほどの特性は示されていない。 [73] これらの特性はホルモン感受性がんのリスクを低下できると考えられている。 [74] [75] [76] また、諸研究からフラキシードは尿中への排泄によりエストロゲン濃度を低下できることが示されている。 [77] [78]

フラキシードについて、ほてりに対する効果および関連エンドポイントを検証した予備データに基づいて [79] [80] [証拠レベル:I]、オープンラベルのパイロット研究が実施され、フラキシード40 gがほてり軽減を対象に評価された。 30人の女性を対象としたこの研究では、6週間にわたってほてりのスコアが57%低下し、ほてりの頻度が50%低下したことが示された。 [81] しかしながら、North Central Cancer Treatment Groupによる188人の女性を対象とした第III相の追跡ランダム化比較試験では、フラキシード・バー中の410mgのリグナンは、プラセボに対していかなる有益性も示さなかった。 [82] [証拠レベル:I]

ほてりに対する素晴らしい治療薬として多くの植物および天然物がもてはやされている。これらの製品は植物エストロゲンもあれば、特性が不明のものもある。これらの作用物には、ドンクアイ、オオアザミ、ムラサキツメクサ、甘草、およびチェストツリーベリーがある。これらの作用物の生物学およびこれらの摂取が乳がんリスクまたは乳がん再発にプラスに影響するか、またはマイナスに影響するかの理解は不完全である。データはこれらの植物の効果はさまざまであり、使用される用量だけでなく、女性がこれらを摂取する際の女性のホルモン環境によっても異なることが示されている。これらの作用物についてはほとんど理解されておらず、女性がエストロゲン補充を避けている場合、これらの摂取については注意が必要である。 [83] [84] [85] [86]

鍼灸

パイロットおよびランダム化シャム試験で、ほてりを治療するための鍼灸の使用が評価されている。 [87] [88] [89] [90] [91] [証拠レベル:I]鍼治療の研究は、新たな方法論がない-特に、適切な対照群としてどのような集団を用いるかという難問-ために実施が困難である。加えて、鍼灸の実践を取り巻く基本的な考え方は、ほてりを経験している2人の女性が必ずしも同じ治療を受けないという点で、かなり個別化されている。関連する臨床的処置を利用して鍼灸を研究することが重要であろう;現在のところ、これを達成するための受け入れられる研究方法はない。したがって、ほてりに対する鍼灸の効果に関するデータはかなり入り混じっており、多くの研究が役に立たない対照群に悩まされている。そのため、少なくとも1件の調査で結論付けられたように、ほてりに対する鍼灸の役割や実技を明確に記述するための十分な証拠は得られていない。 [92] (詳しい情報については、鍼灸に関するPDQ要約の血管運動神経症状のセクションを参照のこと。)


参考文献
  1. Freedman RR, Blacker CM: Estrogen raises the sweating threshold in postmenopausal women with hot flashes. Fertil Steril 77 (3): 487-90, 2002.[PUBMED Abstract]

  2. Pritchard KI: Hormone replacement in women with a history of breast cancer. Oncologist 6 (4): 353-62, 2001.[PUBMED Abstract]

  3. Writing Group for the Women's Health Initiative Investigators: Risks and benefits of estrogen plus progestin in healthy postmenopausal women: principal results From the Women's Health Initiative randomized controlled trial. JAMA 288 (3): 321-33, 2002.[PUBMED Abstract]

  4. Chlebowski RT, Hendrix SL, Langer RD, et al.: Influence of estrogen plus progestin on breast cancer and mammography in healthy postmenopausal women: the Women's Health Initiative Randomized Trial. JAMA 289 (24): 3243-53, 2003.[PUBMED Abstract]

  5. Li CI, Malone KE, Porter PL, et al.: Relationship between long durations and different regimens of hormone therapy and risk of breast cancer. JAMA 289 (24): 3254-63, 2003.[PUBMED Abstract]

  6. Vassilopoulou-Sellin R, Asmar L, Hortobagyi GN, et al.: Estrogen replacement therapy after localized breast cancer: clinical outcome of 319 women followed prospectively. J Clin Oncol 17 (5): 1482-7, 1999.[PUBMED Abstract]

  7. Decker DA, Pettinga JE, VanderVelde N, et al.: Estrogen replacement therapy in breast cancer survivors: a matched-controlled series. Menopause 10 (4): 277-85, 2003 Jul-Aug.[PUBMED Abstract]

  8. Bertelli G, Venturini M, Del Mastro L, et al.: Intramuscular depot medroxyprogesterone versus oral megestrol for the control of postmenopausal hot flashes in breast cancer patients: a randomized study. Ann Oncol 13 (6): 883-8, 2002.[PUBMED Abstract]

  9. Barton D, Loprinzi CL: Making sense of the evidence regarding nonhormonal treatments for hot flashes. Clin J Oncol Nurs 8 (1): 39-42, 2004.[PUBMED Abstract]

  10. Loprinzi CL, Stearns V, Barton D: Centrally active nonhormonal hot flash therapies. Am J Med 118 (Suppl 12B): 118-23, 2005.[PUBMED Abstract]

  11. Loprinzi CL, Barton DL, Sloan JA, et al.: Mayo Clinic and North Central Cancer Treatment Group hot flash studies: a 20-year experience. Menopause 15 (4 Pt 1): 655-60, 2008 Jul-Aug.[PUBMED Abstract]

  12. Sloan JA, Loprinzi CL, Novotny PJ, et al.: Methodologic lessons learned from hot flash studies. J Clin Oncol 19 (23): 4280-90, 2001.[PUBMED Abstract]

  13. Loprinzi CL, Kugler JW, Sloan JA, et al.: Venlafaxine in management of hot flashes in survivors of breast cancer: a randomised controlled trial. Lancet 356 (9247): 2059-63, 2000.[PUBMED Abstract]

  14. Stearns V, Beebe KL, Iyengar M, et al.: Paroxetine controlled release in the treatment of menopausal hot flashes: a randomized controlled trial. JAMA 289 (21): 2827-34, 2003.[PUBMED Abstract]

  15. Stearns V, Slack R, Greep N, et al.: Paroxetine is an effective treatment for hot flashes: results from a prospective randomized clinical trial. J Clin Oncol 23 (28): 6919-30, 2005.[PUBMED Abstract]

  16. Guttuso T Jr, Kurlan R, McDermott MP, et al.: Gabapentin's effects on hot flashes in postmenopausal women: a randomized controlled trial. Obstet Gynecol 101 (2): 337-45, 2003.[PUBMED Abstract]

  17. Pandya KJ, Morrow GR, Roscoe JA, et al.: Gabapentin for hot flashes in 420 women with breast cancer: a randomised double-blind placebo-controlled trial. Lancet 366 (9488): 818-24, 2005 Sep 3-9.[PUBMED Abstract]

  18. Biglia N, Sgandurra P, Peano E, et al.: Non-hormonal treatment of hot flushes in breast cancer survivors: gabapentin vs. vitamin E. Climacteric 12 (4): 310-8, 2009.[PUBMED Abstract]

  19. Loprinzi CL, Qin R, Baclueva EP, et al.: Phase III, randomized, double-blind, placebo-controlled evaluation of pregabalin for alleviating hot flashes, N07C1. J Clin Oncol 28 (4): 641-7, 2010.[PUBMED Abstract]

  20. Barton DL, LaVasseur BI, Sloan JA, et al.: Phase III, placebo-controlled trial of three doses of citalopram for the treatment of hot flashes: NCCTG trial N05C9. J Clin Oncol 28 (20): 3278-83, 2010.[PUBMED Abstract]

  21. Goldberg RM, Loprinzi CL, O'Fallon JR, et al.: Transdermal clonidine for ameliorating tamoxifen-induced hot flashes. J Clin Oncol 12 (1): 155-8, 1994.[PUBMED Abstract]

  22. Pandya KJ, Raubertas RF, Flynn PJ, et al.: Oral clonidine in postmenopausal patients with breast cancer experiencing tamoxifen-induced hot flashes: a University of Rochester Cancer Center Community Clinical Oncology Program study. Ann Intern Med 132 (10): 788-93, 2000.[PUBMED Abstract]

  23. Bordeleau L, Pritchard KI, Loprinzi CL, et al.: Multicenter, randomized, cross-over clinical trial of venlafaxine versus gabapentin for the management of hot flashes in breast cancer survivors. J Clin Oncol 28 (35): 5147-52, 2010.[PUBMED Abstract]

  24. Barton D, Loprinzi C, Diekmann B, et al.: Citalopram for hot flashes: “the rest of the story”. [Abstract] Support Care Cancer 16 (6): A-20-201, 730, 2008.[PUBMED Abstract]

  25. Pérez DG, Loprinzi CL, Sloan J, et al.: Pilot evaluation of bupropion for the treatment of hot flashes. J Palliat Med 9 (3): 631-7, 2006.[PUBMED Abstract]

  26. Bardia A, Thompson S, Atherton PJ, et al.: Pilot evaluation of aprepitant for the treatment of hot flashes. Support Cancer Ther 3 (4): 240-6, 2006.[PUBMED Abstract]

  27. Barton DL, Loprinzi CL, Atherton P, et al.: Phase II Evaluation of Desipramine for the Treatment of Hot Flashes. Support Cancer Ther 4 (4): 219-24, 2007.[PUBMED Abstract]

  28. Kimmick GG, Lovato J, McQuellon R, et al.: Randomized, double-blind, placebo-controlled, crossover study of sertraline (Zoloft) for the treatment of hot flashes in women with early stage breast cancer taking tamoxifen. Breast J 12 (2): 114-22, 2006 Mar-Apr.[PUBMED Abstract]

  29. Gordon PR, Kerwin JP, Boesen KG, et al.: Sertraline to treat hot flashes: a randomized controlled, double-blind, crossover trial in a general population. Menopause 13 (4): 568-75, 2006 Jul-Aug.[PUBMED Abstract]

  30. Wu MF, Hilsenbeck SG, Tham YL, et al.: The efficacy of sertraline for controlling hot flashes in women with or at high risk of developing breast cancer. Breast Cancer Res Treat 118 (2): 369-75, 2009.[PUBMED Abstract]

  31. Perez DG, Loprinzi CL, Barton DL, et al.: Pilot evaluation of mirtazapine for the treatment of hot flashes. J Support Oncol 2 (1): 50-6, 2004 Jan-Feb.[PUBMED Abstract]

  32. Loprinzi CL, Kugler JW, Barton DL, et al.: Phase III trial of gabapentin alone or in conjunction with an antidepressant in the management of hot flashes in women who have inadequate control with an antidepressant alone: NCCTG N03C5. J Clin Oncol 25 (3): 308-12, 2007.[PUBMED Abstract]

  33. Loprinzi CL, Flynn PJ, Carpenter LA, et al.: Pilot evaluation of citalopram for the treatment of hot flashes in women with inadequate benefit from venlafaxine. J Palliat Med 8 (5): 924-30, 2005.[PUBMED Abstract]

  34. Stearns V, Johnson MD, Rae JM, et al.: Active tamoxifen metabolite plasma concentrations after coadministration of tamoxifen and the selective serotonin reuptake inhibitor paroxetine. J Natl Cancer Inst 95 (23): 1758-64, 2003.[PUBMED Abstract]

  35. Jin Y, Desta Z, Stearns V, et al.: CYP2D6 genotype, antidepressant use, and tamoxifen metabolism during adjuvant breast cancer treatment. J Natl Cancer Inst 97 (1): 30-9, 2005.[PUBMED Abstract]

  36. Desmarais JE, Looper KJ: Interactions between tamoxifen and antidepressants via cytochrome P450 2D6. J Clin Psychiatry 70 (12): 1688-97, 2009.[PUBMED Abstract]

  37. Bijl MJ, van Schaik RH, Lammers LA, et al.: The CYP2D6*4 polymorphism affects breast cancer survival in tamoxifen users. Breast Cancer Res Treat 118 (1): 125-30, 2009.[PUBMED Abstract]

  38. Schroth W, Goetz MP, Hamann U, et al.: Association between CYP2D6 polymorphisms and outcomes among women with early stage breast cancer treated with tamoxifen. JAMA 302 (13): 1429-36, 2009.[PUBMED Abstract]

  39. Kelly CM, Juurlink DN, Gomes T, et al.: Selective serotonin reuptake inhibitors and breast cancer mortality in women receiving tamoxifen: a population based cohort study. BMJ 340: c693, 2010.[PUBMED Abstract]

  40. Bonanni B, Macis D, Maisonneuve P, et al.: Polymorphism in the CYP2D6 tamoxifen-metabolizing gene influences clinical effect but not hot flashes: data from the Italian Tamoxifen Trial. J Clin Oncol 24 (22): 3708-9; author reply 3709, 2006.[PUBMED Abstract]

  41. Goetz MP, Loprinzi CL: A hot flash on tamoxifen metabolism. J Natl Cancer Inst 95 (23): 1734-5, 2003.[PUBMED Abstract]

  42. This P, De La Rochefordière A, Clough K, et al.: Phytoestrogens after breast cancer. Endocr Relat Cancer 8 (2): 129-34, 2001.[PUBMED Abstract]

  43. Loprinzi CL, Dueck AC, Khoyratty BS, et al.: A phase III randomized, double-blind, placebo-controlled trial of gabapentin in the management of hot flashes in men (N00CB). Ann Oncol 20 (3): 542-9, 2009.[PUBMED Abstract]

  44. Irani J, Salomon L, Oba R, et al.: Efficacy of venlafaxine, medroxyprogesterone acetate, and cyproterone acetate for the treatment of vasomotor hot flushes in men taking gonadotropin-releasing hormone analogues for prostate cancer: a double-blind, randomised trial. Lancet Oncol 11 (2): 147-54, 2010.[PUBMED Abstract]

  45. Loprinzi CL, Barton DL, Carpenter LA, et al.: Pilot evaluation of paroxetine for treating hot flashes in men. Mayo Clin Proc 79 (10): 1247-51, 2004.[PUBMED Abstract]

  46. Nishiyama T, Kanazawa S, Watanabe R, et al.: Influence of hot flashes on quality of life in patients with prostate cancer treated with androgen deprivation therapy. Int J Urol 11 (9): 735-41, 2004.[PUBMED Abstract]

  47. Spetz AC, Zetterlund EL, Varenhorst E, et al.: Incidence and management of hot flashes in prostate cancer. J Support Oncol 1 (4): 263-6, 269-70, 272-3; discussion 267-8, 271-2, 2003 Nov-Dec.[PUBMED Abstract]

  48. Tremblay A, Sheeran L, Aranda SK: Psychoeducational interventions to alleviate hot flashes: a systematic review. Menopause 15 (1): 193-202, 2008 Jan-Feb.[PUBMED Abstract]

  49. Mann E, Smith MJ, Hellier J, et al.: Cognitive behavioural treatment for women who have menopausal symptoms after breast cancer treatment (MENOS 1): a randomised controlled trial. Lancet Oncol 13 (3): 309-18, 2012.[PUBMED Abstract]

  50. Ayers B, Smith M, Hellier J, et al.: Effectiveness of group and self-help cognitive behavior therapy in reducing problematic menopausal hot flushes and night sweats (MENOS 2): a randomized controlled trial. Menopause 19 (7): 749-59, 2012.[PUBMED Abstract]

  51. Duijts SF, van Beurden M, Oldenburg HS, et al.: Efficacy of cognitive behavioral therapy and physical exercise in alleviating treatment-induced menopausal symptoms in patients with breast cancer: results of a randomized, controlled, multicenter trial. J Clin Oncol 30 (33): 4124-33, 2012.[PUBMED Abstract]

  52. Freedman RR, Woodward S: Core body temperature during menopausal hot flushes. Fertil Steril 65 (6): 1141-44, 1996.[PUBMED Abstract]

  53. Freedman RR: Hot flashes: behavioral treatments, mechanisms, and relation to sleep. Am J Med 118 (Suppl 12B): 124-30, 2005.[PUBMED Abstract]

  54. Wijma K, Melin A, Nedstrand E, et al.: Treatment of menopausal symptoms with applied relaxation: a pilot study. J Behav Ther Exp Psychiatry 28 (4): 251-61, 1997.[PUBMED Abstract]

  55. Carpenter JS, Burns DS, Wu J, et al.: Paced respiration for vasomotor and other menopausal symptoms: a randomized, controlled trial. J Gen Intern Med 28 (2): 193-200, 2013.[PUBMED Abstract]

  56. Sood R, Sood A, Wolf SL, et al.: Paced breathing compared with usual breathing for hot flashes. Menopause 20 (2): 179-84, 2013.[PUBMED Abstract]

  57. Elkins GR, Fisher WI, Johnson AK, et al.: Clinical hypnosis in the treatment of postmenopausal hot flashes: a randomized controlled trial. Menopause 20 (3): 291-8, 2013.[PUBMED Abstract]

  58. Carpenter JS: The Hot Flash Related Daily Interference Scale: a tool for assessing the impact of hot flashes on quality of life following breast cancer. J Pain Symptom Manage 22 (6): 979-89, 2001.[PUBMED Abstract]

  59. Barton DL, Loprinzi CL, Quella SK, et al.: Prospective evaluation of vitamin E for hot flashes in breast cancer survivors. J Clin Oncol 16 (2): 495-500, 1998.[PUBMED Abstract]

  60. Ziaei S, Kazemnejad A, Zareai M: The effect of vitamin E on hot flashes in menopausal women. Gynecol Obstet Invest 64 (4): 204-7, 2007.[PUBMED Abstract]

  61. Enderlin CA, Coleman EA, Stewart CB, et al.: Dietary soy intake and breast cancer risk. Oncol Nurs Forum 36 (5): 531-9, 2009.[PUBMED Abstract]

  62. Anastasius N, Boston S, Lacey M, et al.: Evidence that low-dose, long-term genistein treatment inhibits oestradiol-stimulated growth in MCF-7 cells by down-regulation of the PI3-kinase/Akt signalling pathway. J Steroid Biochem Mol Biol 116 (1-2): 50-5, 2009.[PUBMED Abstract]

  63. Quella SK, Loprinzi CL, Barton DL, et al.: Evaluation of soy phytoestrogens for the treatment of hot flashes in breast cancer survivors: A North Central Cancer Treatment Group Trial. J Clin Oncol 18 (5): 1068-74, 2000.[PUBMED Abstract]

  64. Van Patten CL, Olivotto IA, Chambers GK, et al.: Effect of soy phytoestrogens on hot flashes in postmenopausal women with breast cancer: a randomized, controlled clinical trial. J Clin Oncol 20 (6): 1449-55, 2002.[PUBMED Abstract]

  65. St Germain A, Peterson CT, Robinson JG, et al.: Isoflavone-rich or isoflavone-poor soy protein does not reduce menopausal symptoms during 24 weeks of treatment. Menopause 8 (1): 17-26, 2001 Jan-Feb.[PUBMED Abstract]

  66. Nikander E, Kilkkinen A, Metsä-Heikkilä M, et al.: A randomized placebo-controlled crossover trial with phytoestrogens in treatment of menopause in breast cancer patients. Obstet Gynecol 101 (6): 1213-20, 2003.[PUBMED Abstract]

  67. Newton KM, Reed SD, LaCroix AZ, et al.: Treatment of vasomotor symptoms of menopause with black cohosh, multibotanicals, soy, hormone therapy, or placebo: a randomized trial. Ann Intern Med 145 (12): 869-79, 2006.[PUBMED Abstract]

  68. Reed SD, Newton KM, LaCroix AZ, et al.: Vaginal, endometrial, and reproductive hormone findings: randomized, placebo-controlled trial of black cohosh, multibotanical herbs, and dietary soy for vasomotor symptoms: the Herbal Alternatives for Menopause (HALT) Study. Menopause 15 (1): 51-8, 2008 Jan-Feb.[PUBMED Abstract]

  69. Lethaby AE, Brown J, Marjoribanks J, et al.: Phytoestrogens for vasomotor menopausal symptoms. Cochrane Database Syst Rev (4): CD001395, 2007.[PUBMED Abstract]

  70. Osmers R, Friede M, Liske E, et al.: Efficacy and safety of isopropanolic black cohosh extract for climacteric symptoms. Obstet Gynecol 105 (5 Pt 1): 1074-83, 2005.[PUBMED Abstract]

  71. Pockaj BA, Gallagher JG, Loprinzi CL, et al.: Phase III double-blind, randomized, placebo-controlled crossover trial of black cohosh in the management of hot flashes: NCCTG Trial N01CC1. J Clin Oncol 24 (18): 2836-41, 2006.[PUBMED Abstract]

  72. Geller SE, Shulman LP, van Breemen RB, et al.: Safety and efficacy of black cohosh and red clover for the management of vasomotor symptoms: a randomized controlled trial. Menopause 16 (6): 1156-66, 2009 Nov-Dec.[PUBMED Abstract]

  73. Wang C, Mäkelä T, Hase T, et al.: Lignans and flavonoids inhibit aromatase enzyme in human preadipocytes. J Steroid Biochem Mol Biol 50 (3-4): 205-12, 1994.[PUBMED Abstract]

  74. Thompson LU, Chen JM, Li T, et al.: Dietary flaxseed alters tumor biological markers in postmenopausal breast cancer. Clin Cancer Res 11 (10): 3828-35, 2005.[PUBMED Abstract]

  75. Thompson LU, Seidl MM, Rickard SE, et al.: Antitumorigenic effect of a mammalian lignan precursor from flaxseed. Nutr Cancer 26 (2): 159-65, 1996.[PUBMED Abstract]

  76. Touillaud MS, Thiébaut AC, Fournier A, et al.: Dietary lignan intake and postmenopausal breast cancer risk by estrogen and progesterone receptor status. J Natl Cancer Inst 99 (6): 475-86, 2007.[PUBMED Abstract]

  77. Haggans CJ, Hutchins AM, Olson BA, et al.: Effect of flaxseed consumption on urinary estrogen metabolites in postmenopausal women. Nutr Cancer 33 (2): 188-95, 1999.[PUBMED Abstract]

  78. Haggans CJ, Travelli EJ, Thomas W, et al.: The effect of flaxseed and wheat bran consumption on urinary estrogen metabolites in premenopausal women. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 9 (7): 719-25, 2000.[PUBMED Abstract]

  79. Lemay A, Dodin S, Kadri N, et al.: Flaxseed dietary supplement versus hormone replacement therapy in hypercholesterolemic menopausal women. Obstet Gynecol 100 (3): 495-504, 2002.[PUBMED Abstract]

  80. Lewis JE, Nickell LA, Thompson LU, et al.: A randomized controlled trial of the effect of dietary soy and flaxseed muffins on quality of life and hot flashes during menopause. Menopause 13 (4): 631-42, 2006 Jul-Aug.[PUBMED Abstract]

  81. Pruthi S, Thompson SL, Novotny PJ, et al.: Pilot evaluation of flaxseed for the management of hot flashes. J Soc Integr Oncol 5 (3): 106-12, 2007.[PUBMED Abstract]

  82. Pruthi S, Qin R, Terstreip SA, et al.: A phase III, randomized, placebo-controlled, double-blind trial of flaxseed for the treatment of hot flashes: North Central Cancer Treatment Group N08C7. Menopause 19 (1): 48-53, 2012.[PUBMED Abstract]

  83. Liu J, Burdette JE, Xu H, et al.: Evaluation of estrogenic activity of plant extracts for the potential treatment of menopausal symptoms. J Agric Food Chem 49 (5): 2472-9, 2001.[PUBMED Abstract]

  84. Tamir S, Eizenberg M, Somjen D, et al.: Estrogenic and antiproliferative properties of glabridin from licorice in human breast cancer cells. Cancer Res 60 (20): 5704-9, 2000.[PUBMED Abstract]

  85. Lau CB, Ho TC, Chan TW, et al.: Use of dong quai (Angelica sinensis) to treat peri- or postmenopausal symptoms in women with breast cancer: is it appropriate? Menopause 12 (6): 734-40, 2005 Nov-Dec.[PUBMED Abstract]

  86. Rotem C, Kaplan B: Phyto-Female Complex for the relief of hot flushes, night sweats and quality of sleep: randomized, controlled, double-blind pilot study. Gynecol Endocrinol 23 (2): 117-22, 2007.[PUBMED Abstract]

  87. Borud EK, Alraek T, White A, et al.: The Acupuncture on Hot Flushes Among Menopausal Women (ACUFLASH) study, a randomized controlled trial. Menopause 16 (3): 484-93, 2009 May-Jun.[PUBMED Abstract]

  88. Hervik J, Mjåland O: Acupuncture for the treatment of hot flashes in breast cancer patients, a randomized, controlled trial. Breast Cancer Res Treat 116 (2): 311-6, 2009.[PUBMED Abstract]

  89. Vincent A, Barton DL, Mandrekar JN, et al.: Acupuncture for hot flashes: a randomized, sham-controlled clinical study. Menopause 14 (1): 45-52, 2007 Jan-Feb.[PUBMED Abstract]

  90. Borud EK, Alraek T, White A, et al.: The effect of TCM acupuncture on hot flushes among menopausal women (ACUFLASH) study: a study protocol of an ongoing multi-centre randomised controlled clinical trial. BMC Complement Altern Med 7: 6, 2007.[PUBMED Abstract]

  91. Liljegren A, Gunnarsson P, Landgren BM, et al.: Reducing vasomotor symptoms with acupuncture in breast cancer patients treated with adjuvant tamoxifen: a randomized controlled trial. Breast Cancer Res Treat 135 (3): 791-8, 2012.[PUBMED Abstract]

  92. Cho SH, Whang WW: Acupuncture for vasomotor menopausal symptoms: a systematic review. Menopause 16 (5): 1065-73, 2009 Sep-Oct.[PUBMED Abstract]

 | 

本要約の変更点(09/27/2017)

PDQがん情報要約は定期的に見直され、新情報が利用可能になり次第更新される。本セクションでは、上記の日付における本要約最新変更点を記述する。

本要約には編集上の変更がなされた。

本要約はPDQ Supportive and Palliative Care Editorial Boardが作成と内容の更新を行っており、編集に関してはNCIから独立している。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたはNIHの方針声明を示すものではない。PDQ要約の更新におけるPDQ編集委員会の役割および要約の方針に関する詳しい情報については、本PDQ要約についておよびPDQ® - NCI's Comprehensive Cancer Databaseを参照のこと。

 | 

本PDQ要約について

本要約の目的

医療専門家向けの本PDQがん情報要約では、ほてりおよび寝汗の病態生理および治療について、包括的な、専門家の査読を経た、そして証拠に基づいた情報を提供する。本要約は、がん患者を治療する臨床家に情報を与え支援するための情報資源として作成されている。これは医療における意思決定のための公式なガイドラインまたは推奨事項を提供しているわけではない。

査読者および更新情報

本要約は編集作業において米国国立がん研究所(NCI)とは独立したPDQ Supportive and Palliative Care Editorial Boardにより定期的に見直され、随時更新される。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたは米国国立衛生研究所(NIH)の方針声明を示すものではない。

委員会のメンバーは毎月、最近発表された記事を見直し、記事に対して以下を行うべきか決定する:


  • 会議での議論、

  • 本文の引用、または

  • 既に引用されている既存の記事との入れ替え、または既存の記事の更新。

要約の変更は、発表された記事の証拠の強さを委員会のメンバーが評価し、記事を本要約にどのように組み入れるべきかを決定するコンセンサス過程を経て行われる。

本要約の内容に関するコメントまたは質問は、NCIウェブサイトのEmail UsからCancer.govまで送信のこと。要約に関する質問またはコメントについて委員会のメンバー個人に連絡することを禁じる。委員会のメンバーは個別の問い合わせには対応しない。

証拠レベル

本要約で引用される文献の中には証拠レベルの指定が記載されているものがある。これらの指定は、特定の介入やアプローチの使用を支持する証拠の強さを読者が査定する際、助けとなるよう意図されている。PDQ Supportive and Palliative Care Editorial Boardは、証拠レベルの指定を展開する際に公式順位分類を使用している。

本要約の使用許可

PDQは登録商標である。PDQ文書の内容は本文として自由に使用できるが、完全な形で記し定期的に更新しなければ、NCI PDQがん情報要約とすることはできない。しかし、著者は“NCI's PDQ cancer information summary about breast cancer prevention states the risks succinctly: 【本要約からの抜粋を含める】.”のような一文を記述してもよい。

本PDQ要約の好ましい引用は以下の通りである:

PDQ® Supportive and Palliative Care Editorial Board.PDQ Hot Flashes and Night Sweats.Bethesda, MD: National Cancer Institute.Updated <MM/DD/YYYY>.Available at: https://www.cancer.gov/about-cancer/treatment/side-effects/hot-flashes-hp-pdq.Accessed <MM/DD/YYYY>.[PMID: 26389188]

本要約内の画像は、PDQ要約内での使用に限って著者、イラストレーター、および/または出版社の許可を得て使用されている。PDQ情報以外での画像の使用許可は、所有者から得る必要があり、米国国立がん研究所(National Cancer Institute)が付与できるものではない。本要約内のイラストの使用に関する情報は、多くの他のがん関連画像とともにVisuals Online(2,000以上の科学画像を収蔵)で入手できる。

免責条項

これらの要約内の情報は、保険払い戻しの決定基準として使用されるべきものではない。保険の適用範囲に関する詳しい情報については、Cancer.govのManaging Cancer Careページで入手できる。

お問い合わせ

Cancer.govウェブサイトについての問い合わせまたはヘルプの利用に関する詳しい情報は、Contact Us for Helpページに掲載されている。質問はウェブサイトのEmail UsからもCancer.govに送信可能である。

 |